葉酸とビタミンe

葉酸は、妊娠中に正しく摂ることで、お腹の赤ちゃんの正常な発達を助ける栄養素です。
妊娠中の葉酸の必要性については厚生労働省も勧告しており、母子手帳にも記載されていますから、サプリメント等で毎日摂っているママも多い事でしょう。

実は、そんな葉酸と一緒に摂る事で、妊活や妊娠により良い効果を発揮すると言われているのがビタミンeです。

今回は、葉酸とビタミンeの飲み合わせや相乗効果について詳しくお話したいと思います。

葉酸とビタミンeの飲み合わせが良い理由

ビタミンeは、脂溶性ビタミンの一種で、強い抗酸化作用がある事から、老化や生活習慣病の予防に効果があり「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンeは体内で作る事が出来ないので、毎日の食事から摂らなければならない栄養素です。
あんこうの肝やいくら、鮎やたらこ等に多く含まれています。

そんなビタミンeと葉酸の飲み合わせが良いと言われる理由は何なのか、見ていきましょう。

不妊の改善に効果が期待できる

葉酸には、造血作用や細胞分裂を助ける働き・ホルモンバランスを整える働き等があります。
その様な葉酸の働きによって、質の良い排卵が行われ、着床もしやすくなるのです。

一方、ビタミンeは不妊治療に用いられる事もあるようで「妊娠ビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンeには、体内の活性酸素を除去し血行を良くする働きがあります。
そのため、子宮の血行も良くなりますから、子宮内に十分な酸素や栄養が行き渡り、妊娠に必要な環境を整える事に繋がるのです。

葉酸の働きによって質の良い排卵が行われ、ビタミンeによって子宮の環境が整えらる事から、受精卵は着床しやすくなり、不妊に効果的と言えるでしょう。
また、マカにも似た働きがあり、葉酸はマカとの相性も良いのです。

葉酸が妊活に良い理由や、マカとの飲み合わせにむいてはこちらの記事をご覧下さい。
⇒「葉酸は卵子の質を上げる?妊活にも葉酸サプリを!
⇒「葉酸サプリとマカは併用しても大丈夫?気になる飲み合わせ

妊娠の継続を助ける

葉酸とビタミンeの相乗効果は、妊娠率を上げるだけではありません。
その後の、正常な妊娠の継続にも効果的なのです。

子宮の環境を整え、維持する

葉酸には、造血作用や子宮内膜を強化する働き、受精卵の細胞分裂を助ける働きがあります。
また、ビタミンeにも血行を良くする働きがあり、葉酸が強くした子宮内膜を維持し、しっかりとした胎盤を形成するのを助けるのです。

葉酸とビタミンeの相乗効果で、子宮内の環境が整い、しっかりと赤ちゃんに栄養や酸素が行き渡る事で、正常な妊娠を継続する事ができるでしょう。

流産予防に効果的

葉酸とビタミンeを一緒に摂る事は、流産予防にも効果的と言えます。

流産のほとんどが、妊娠初期に起きており、その原因の多くが受精卵の染色体異常です。
葉酸の細胞分裂を助ける働きにより、DNAが正常にコピーされるのを助け、染色体異常が起こるリスクを低減できると言われています。

また、ビタミンeには卵巣から出る黄体ホルモンというホルモンの分泌を促す効果があり、それにより着床の継続が期待できるのです。

>>管理人も利用した葉酸サプリはこちら。

妊娠中の葉酸やビタミンeの過剰摂取には注意

妊娠中の葉酸やビタミンeの過剰摂取には注意

飲み合わせの抜群な葉酸とビタミンeですが、それぞれ飲み過ぎには注意が必要です。

葉酸の過剰摂取とは?

葉酸は、妊娠中にはしっかりと摂りましょうと言われていますが、実は上限摂取量があります。
葉酸の1日の上限摂取量は1000ugとなっており、これを越えて摂取し続けた場合には、発疹や発熱、呼吸障害などの副作用を引き起こす事があるのです。

妊娠中の葉酸の摂取は、推奨量である「1日400ug」を目安に摂ると良いでしょう。

ビタミンeなどの脂溶性ビタミンの過剰摂取とは?

ビタミンe等の脂溶性ビタミンは、葉酸等の水溶性ビタミンとは対照的で、体内に蓄積されやすい為、過剰摂取になりやすい栄養素です。

妊娠中の脂溶性ビタミンの過剰摂取は、お腹の赤ちゃんの奇形のリスクを高めるとの研究報告もありますから避けるべきでしょう。

成人女性の1日のビタミンe上限摂取量は、650~700mgとなっています。
これを越えて摂取しない様に気をつけましょう。

葉酸とビタミンeが一緒に摂れるサプリがオススメ

とても相性の良い葉酸とビタミンeですから、なるべく一緒に摂りたい物です。
別々のサプリメントで摂るのも1つの方法ですが、妊娠中には過剰摂取を防ぐ為にも、葉酸とビタミンeが一緒に摂れる物がオススメでしょう。

良質な葉酸サプリメントにはビタミンeが配合されている物が多く、更に成分の過剰摂取にも配慮されて作られているからです。

免疫力を高めるビタミンcや、妊娠中に不足しがちなカルシウム、鉄分、葉酸の働きを助けるビタミンB群などが入っている物ならなお理想的でしょう。

葉酸とビタミンeが摂れる食べ物は?

葉酸とビタミンeが摂れる食べ物

毎日の食卓にも、葉酸とビタミンeを取り入れるのはとても良い事です。

これらが一緒に摂れる食品で私がオススメなのが、モロヘイヤ、うなぎ、パプリカ。
うなぎについては頻繁には食卓に出せないかと思いますが、疲れた時や栄養を付けたいここぞと言う時にはオススメです。

モロヘイヤやパプリカには、葉酸やビタミンeの他にも様々な栄養素が含まれていますから、日常のメニューに組み込めると良いかと思います。

>>管理人も利用した葉酸サプリはこちら。

葉酸とビタミンeについてのまとめ

葉酸とビタミンeについてのまとめ

葉酸とビタミンeはそれぞれ、妊活や妊娠にとってとても良い働きをしています。
これらを一緒に摂る事で相乗効果が生まれ、妊娠しやすい環境や、正常な妊娠の継続にとって更に効果的に働くのです。

しかし、葉酸もビタミンeも過剰摂取には気をつけなければなりません。
安全にしっかりとこれらの栄養素を摂るには、過剰摂取に配慮されて作られた、ビタミンe入りの葉酸サプリメントがオススメです。

当サイトで紹介している葉酸サプリメントにも、ビタミンeがバランス良く配合されている物がありますので参考にしてみて下さい。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  2. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。