葉酸と牛乳

近頃CM等で良く見かける「葉酸入り牛乳」。
葉酸は緑の野菜に多く含まれている栄養素ですから、牛乳に葉酸のイメージはあまり無いかもしれませんね。
しかし、そもそも牛乳には葉酸が含まれています。
さらに、この葉酸入り牛乳には、通常の牛乳の約10倍もの葉酸が配合されているのです。

それならば、妊娠中の葉酸摂取も毎日牛乳を飲んでいれば十分なのでは?
そんな疑問をお持ちのママ達のために、妊娠中の葉酸の摂取と牛乳について、お話していきたいと思います。

そもそも妊娠中に葉酸はどれくらい必要?

“妊娠中に葉酸が良い”というのは、今や雑誌やメディアでも多く取り上げられており、ご存知のママやパパも多い事でしょう。

葉酸にはDNAの形成を助ける働きがあり、赤ちゃんの脳や脊髄が作られる妊娠初期にしっかりと摂る事で、二分脊椎などの先天性奇形を約70%軽減すると言われています。
葉酸がしっかりと効果を発揮する為に、厚生労働省は妊活中や妊娠中の女性に”食事以外に1日400ugの葉酸を摂ること”を推奨しています。

葉酸が配合されている牛乳の効果は?

葉酸が配合されている牛乳の効果

葉酸入り牛乳には、雪印のメグミルクや明治ミルクラブなどがありますが、どのような効果や特徴があるのでしょうか?

メグミルクや明治ラブの葉酸含有量は?

メグミルクには、コップ1杯(約200ml)あたり120ug、明治のラブには100ugの葉酸が配合されています。
これは、通常の牛乳の約10倍程。
それでも厚生労働省が推奨している葉酸摂取量を補うには、1日に約800mlもの牛乳を飲まなければなりません。

その他の牛乳の葉酸含有量の平均は?

通常の牛乳には、平均でコップ1杯(約200ml)に、10ugの葉酸が含まれています。
ちなみに、低脂肪タイプやコーヒー牛乳などには、ほとんど葉酸は入っていません。

ですから、厚生労働省が推奨する400ugの葉酸を通常の牛乳だけで摂ろうとした場合、毎日コップ約40杯分も飲まなければならない事になります。
さすがに飲み過ぎですし、何より現実的に考えてムリでしょう。

牛乳は鉄分やカルシウムなどの栄養が豊富

葉酸入り牛乳を妊娠中に飲むメリットとして、妊娠中に不足しがちなカルシウムや鉄分が一緒に摂れる事が挙げられます。
調べたところ、メグミルクにはコップ1杯分(約200ml)あたり340mgのカルシウムと3.4mgの鉄分が、明治のラブには350mgのカルシウムと3.8mgの鉄分が配合されているとの事。
元々、栄養価の高い牛乳は、妊娠中の栄養補給にも向いているのです。

>>管理人も利用した葉酸サプリはこちら。

私が牛乳よりも葉酸サプリをオススメする理由

私が牛乳よりも葉酸サプリをオススメする理由

手軽に葉酸が摂れて、栄養価も高い葉酸入り牛乳ですが、妊娠中の葉酸摂取には牛乳だけでは十分とは言えません。
それは何故なのでしょうか?

牛乳だけでは妊娠中の葉酸は足りない

明治ラブなどの葉酸入り牛乳は、効率的に葉酸を摂ることができます。
しかし、カロリーや脂肪分を考えると、妊娠中や授乳中に毎日飲むとなるとコップ1杯や2杯が限度です。

つわりの時期等には牛乳の臭みが苦手になる人も多いですから、そう言った意味でも1日に800mlの牛乳を毎日飲むのは困難でしょう。

仮に、1日にコップ2杯(約400ml)の葉酸入り牛乳を飲んだとしても、摂れる葉酸は推奨量の半分ほど。
牛乳だけで妊娠中の葉酸を補うのは難しいと言えます。

食品に含まれる葉酸と合成葉酸では吸収率が違う

牛乳などの食品に含まれる葉酸と、サプリメント等に配合されている葉酸では種類が異なり、吸収率が違います。
食品に含まれる葉酸の吸収率が約50%なのに対して、サプリメントに含まれる合成葉酸の吸収率は約90%。
確実に葉酸を摂る事が出来るのです。

牛乳に含まれる葉酸は加熱すると減ってしまう?

葉酸は、脂溶性ビタミンの一種で、熱に弱い性質を持っています。
ですから、牛乳を温めたり料理に使う過程で、本来の含有量から段々と減ってしまうのです。

一方、葉酸サプリではその様な事はありませんから、含有量のほとんどがしっかりと摂れるでしょう。

牛乳は飲み過ぎると下痢の原因になる

実は私もそうなのですが、牛乳を飲み過ぎるとお腹を壊す人も少なくありませんね。
特に日本人は、牛乳の消化酵素を持っていない人も多いと言われています。

妊娠中は、特にお腹がデリケートになっていますから、下痢になりやすく、毎日沢山の牛乳を飲むのが困難な人は多いのです。

葉酸サプリは安全に確実に葉酸が摂れる

先ほどもお話しました様に、サプリメントに含まれている葉酸は「モノグルタミン酸型」と言い、食品に含まれる葉酸の約2倍近くの吸収率を誇ります。

また、良質な葉酸サプリは天然由来の原料を使用している物が多く、安全性も高い為、妊娠中にも安心して摂ることができるのです。

>>管理人も利用した葉酸サプリはこちら。

葉酸と牛乳のまとめ

葉酸と牛乳のまとめ

メグミルクや明治のラブ等の葉酸入り牛乳には、通常の生乳の約10倍の葉酸が含まれており、効率的に葉酸やカルシウム・鉄分等を摂ることができます。

しかし、吸収率の違いや”加熱に弱い”という葉酸の性質、脂質やカロリー等を考えると牛乳だけで妊娠中の葉酸をすべて補うのは難しいのです。
毎日コップ1杯程の葉酸入り牛乳を飲み、葉酸サプリなどで足りない分を補うというのが理想的ではないかと思います。

どんな葉酸サプリを選んだら良いのか分からない方のために、色々と葉酸サプリを試しました。
3度の妊娠・出産・重いつわりを経験した私がオススメできる葉酸サプリメントを紹介していますので、参考にしてみてください。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。