葉酸サプリのつわりが軽減

多くのママが経験する「つわり」は吐き気や倦怠感、眠気など様々な症状がありますが、重度になると水も受け付けなかったり歩くことも困難になる場合もあります。
そんなつわりが葉酸サプリで軽減するというのを聞いた事があるママもいるかと思いますが、はたして本当なのでしょうか?

つわりのメカニズム

そもそもつわりとは、どんなメカニズムで起こるのでしょう?
まずつわりについて知る事で、辛さや不安を少しでも軽減出来るのではないでしょうか。

つわりとは何か

つわりとは、妊娠初期に起こる「吐き気」をはじめとした症状で、倦怠感・眠気・イライラなど様々な症状が起こります。
また、同じ吐き気でも、空腹時に強く吐き気を感じる「食べづわり」や、ありとあらゆる匂いがダメになり嘔吐を繰返し食べることも困難になる「吐きづわり」、唾液の分泌が止まらない「よだれづわり」などと呼ばれている様々なつわりがあります。

ちなみに私は3度出産をしましたが、ほとんどのつわりを経験しました。
つわりの程度には個人差があり、症状も人それぞれですが、あの辛さは経験した人にしか分からないものですね。

つわりがなぜ起こるのか、実はその仕組みや原因は完全にはまだ解明されていません。
しかし、妊娠初期に分泌される女性ホルモン(プロゲステロン)が原因のひとつであることは分かっています。

いつからいつまで続くの?

つわりによる症状の期間は人によって違いますが、一般的には妊娠2ヶ月(4~6週)頃から自覚症状が現れることが多く、5ヶ月(12~16週)頃までには落ち着く人がほとんどと言われています。
ただし、つわりが全く無いという人もいれば、出産する瞬間まで続いたという人もいますので本当に人それぞれなのです。
いつ終わるか分からないつわりに、毎日耐えるのはとても精神的に辛いことですね。

しかし、つわりはいつか必ず終わります。
徐々に治まってくる人もいれば、ある日突然、症状が治まったという人がいるようにその終わり方は様々ですが、産後もつわりに悩まされている人はいません。
辛いですが、いつか必ず終わるという気持ちでがんばりましょう。

葉酸サプリでつわりが軽減するのは本当?

葉酸サプリでつわりが軽減するって本当なのか

葉酸サプリを飲んだらつわりが軽くなったという話を聞いたことがあるママもいることでしょう。
それは嘘なのか、本当なのか詳しく紹介していきます。

ビタミンB郡はつわりの軽減に効果がある

結論から言いますと、嘘ではありません。
実は葉酸だけでなく、ビタミンB6やビタミンB12などのビタミンB郡には、つわりを軽減する効果があることがアメリカの実験によって報告されています。

葉酸がつわりに良い理由

自律神経が乱れるとつわりが悪化すると言われています。
葉酸はこの自律神経を整え、交感神経と副交感神経のバランスを整える働きがありますので結果的につわりの予防や症状が軽減されることも期待出来るでしょう。

ビタミンB6がつわりに良い理由

ビタミンB6が不足するとつわりが悪化すると言われています。
ビタミンB6は、レバー、さんま、まぐろ、かつお、大豆製品、卵、バナナなどに多く含まれており、つわりの原因のひとつであるトリプトファンの代謝を助ける働きがあるため、ビタミンB6の摂取によってつわりが軽減されることが期待出来ます。
ただし、ビタミンB16の1日の摂取量の上限は100mgですので、過剰摂取にならないようにしましょう。

ビタミンB12がつわりに良い理由

しじみ、あさりなどの貝類やレバーなどに多く含まれるビタミンB12も、葉酸と共に自律神経を整える働きがあります。

自律神経が乱れるとホルモンバランスも乱れ、つわりが悪化する原因となりますので葉酸とビタミンB12の両方をバランス良く摂ることが大切です。
また、ビタミンB12が欠乏するとつわりの悪化だけではなく鉄欠乏性貧血や、悪性貧血などになるリスクが高くなりますのでつわりの時期に関わらずしっかりと摂りたい栄養素のひとつです。

葉酸以外のつわり予防と対策

葉酸以外のつわり予防と対策

葉酸サプリ以外でも、日常生活の中でつわりの予防や軽減に効果が期待されるものを紹介します。

匂いのするものを置かない

つわりの時期は匂いにとても敏感になる人が多いものです。
臭い匂いだけではなく、普段良い匂いと感じる物でさえも吐きそうになるくらい臭く感じたりします。

私は大好きだったアロマの匂いが一切ダメになった経験があります。
なるべく匂いのする物は生活空間の中に置かないようにしまっておきましょう。

食事は少しずつ小分けにして食べる

食事は、一気に食べてしまうと嘔吐してしまう事もあるので、様子をみながら少しずつ小分けにして食べると良いでしょう。
赤ちゃんのためにと無理をして食べようとするママもいると思いますが、それがストレスにもなりますので無理をせず少しずつゆっくりと食べましょう。

食事は冷たくして食べる

匂いというのは温めると増して、冷やすと感じにくくなります。
冷やして食べられるものは冷やして食べてみましょう。
冷やすと喉ごしも良くなるので、より食べやすくなります。

家事を手伝ってもらう

つわりの時期は台所に立つのも辛いものです。
生ゴミなどの臭いはもちろん、私は台所洗剤の匂いがダメで息を止めながら洗い物をしていました。(笑)
辛い時はおもいきって旦那さんや家族に甘えてみましょう。

枕元にキャンディーやクラッカー

食べづわりの人は、空腹になると吐き気が増して特に起き抜けが辛いのではないでしょうか?
枕元にキャンディーや、パッと口に入れられるクラッカーなどを置いておくと良いでしょう。

つわりでも葉酸サプリを飲みたい!

つわりでも葉酸サプリを飲む

つわりの起こる妊娠初期は、赤ちゃんにとって葉酸が最も必要な時期でもありますので、なるべく葉酸を摂りたいと思いますね。
つわりの時には、どんな基準で葉酸サプリを選んだら良いのでしょう。

飲みやすい葉酸サプリを選ぼう

つわりの時は、匂いに敏感になったり味覚が変わったりしますね。
また、大きな粒だと吐き気のある時は飲むのが大変辛いでしょう。
なるべく匂いや味が無く、粒が小さめで形状も飲みやすく作られている葉酸サプリを選ぶと良いでしょう。

つわりを軽減する栄養素が配合されている葉酸サプリ

先程お話したように、ビタミンB6やビタミンB12にはつわりの症状を軽減する効果がありますので、この2つが配合されている葉酸サプリを選ぶと良いでしょう。

それでもダメな時の工夫

小さく飲みやすいように作られたサプリメントでも、喉を通らない程つわりの重い人もいますね。
そういう時はサプリメントを噛み砕いて飲みましょう
ただし、水以外の物と飲むのは葉酸の吸収を妨げてしまう可能性があるため、オススメ出来ません。
必ず水か、ぬるま湯で飲みましょう。

まとめ

つわりのメカニズムというのは未だにはっきりとは解明されていません。
葉酸などのビタミンB郡につわりを軽減する効果があるというのは本当ですが、その感じ方には人それぞれ個人差がありますので絶対に良くなるとは言い切れません。

しかし、葉酸などのビタミンB郡にはつわりに関わるホルモンに働きかける事が分かっています。
また不足するとつわりの悪化の原因にもなりますので、積極的に摂ることをオススメします。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  2. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。