葉酸と喘息

妊娠初期に摂ることで、お腹の赤ちゃんの先天性奇形などのリスクを軽減する効果があることで知られる葉酸ですが、今や母子手帳にも記載され産院などでも勧められていますね。
今飲んでいるママや、これから飲んでみたいと思っている人もいるかと思います。
しかし、葉酸の摂取が原因で赤ちゃんが喘息になるという噂を聞いて不安に思っているママもいるのではないでしょうか?
そこで、葉酸と喘息の噂について詳しくお伝えしようと思います。

妊娠後期の葉酸摂取で胎児が喘息になる?

“妊娠後期に葉酸を摂取するとお腹の赤ちゃんが喘息になる”という噂が囁かれているようですね。

喘息とは、正式には「気管支喘息」と言い、ヒューヒュー・ゼーゼーといった笛声喘鳴(てきせいぜいめい)を伴う発作性呼吸困難を起こす病気です。
発作にもレベルがありますが、重症になると呼吸が出来ない程になる事もありますから、喘息になるというリスクはとても心配ですよね。

真相はどうなのでしょうか?

オーストラリアの研究報告

噂の情報源となっているのは、2009年にオーストラリアで行われた研究による報告かと思われます。
その報告内容は、「妊娠後期(16~30週)に葉酸サプリを摂取し続けた場合、産まれた子供の喘息発症率が約30%と高まることが分かった」というものです。

しかし、勘違いしてはいけないのが、これは毎日1000ug以上の葉酸サプリを飲み続けた場合という事、つまり”過剰摂取した場合”の研究結果なのです。
(葉酸の1日の上限摂取量は1000ugです。)
また、食品から葉酸を摂取した場合には喘息発症率に影響は無かったとされています。

つまり、妊娠後期でも、食事由来の葉酸、又はサプリメントにおいても過剰摂取に気を付けて用量を守って正しく飲んでいれば、赤ちゃんの喘息のリスクが高まるという事は考えられないでしょう。

妊娠初期は大丈夫?

妊娠初期の葉酸の摂取に関して、赤ちゃんの喘息の発症率が上がるとハッキリと記載されている研究報告は今の所ほとんどありません。
妊娠前から妊娠初期は、葉酸が最も必要とされる時期ですから、積極的に葉酸を摂ることをオススメします。

しかし、妊娠初期であっても、過剰摂取した場合には副作用が引き起こされる可能性があるため、用量を守って正しく飲みましょう。
⇒「葉酸は摂りすぎると良くない?サプリの摂取で気をつけたいこと

妊娠中期は大丈夫?

妊娠中期の摂取に関しても、後期と同様の様な「赤ちゃんが喘息になるリスクが高まる」という噂はありますね。
しかし、こちらも”過剰摂取した場合”の研究報告であり、用量を守って正しく飲んでいれば問題は無いでしょう。

授乳期は大丈夫?

授乳期の葉酸の摂取と赤ちゃんの喘息のの関連に関する研究結果はほとんどありません。
こちらも同様、過剰摂取は良くありませんが、葉酸は授乳期にも摂取することで赤ちゃんの発達を助けてくれますから、産後の授乳期にも積極的に葉酸を摂ることをオススメします。
授乳期は、母乳などのためにも摂取すると良いでしょう。
⇒「母乳などのために葉酸を産後や授乳期に摂ろう

葉酸はいつまで摂ったらいいの?

葉酸はいつまで摂ったらいいのか

妊娠初期に最も必要とされる葉酸ですが、結局はいつまで摂ったら良いのでしょうか?

結論としては、赤ちゃんの為には産後の授乳期まで葉酸をしっかりと摂ることをオススメします。
いつからいつまで葉酸を摂ったら良いのかは、下記記事を参考にしてください。
⇒「葉酸サプリはいつからいつまで飲めばいい?

妊娠初期の葉酸の必要性

葉酸は、妊娠前から妊娠初期に正しく摂取することで、お腹の赤ちゃんの二分脊椎や無脳症などの神経官閉鎖障害のリスクを約70%軽減すると言われています。
妊娠初期は赤ちゃんの脳や脊髄が出来る大切な時期ですから、葉酸が一番不可欠とされているのです。

また、厚生労働省が推奨しているのは、食事からでは無く吸収率の良いサプリメントからの摂取ですから、妊娠初期にはしっかりとサプリメントなどから葉酸を摂ることをオススメします。
⇒「葉酸サプリは天然と合成の違いは?どちらが良いの?

妊婦さんにも安心な喘息リスクを上げない葉酸サプリの選び方

喘息リスクを上げない葉酸サプリの選び方

せっかくお腹の赤ちゃんの為に飲む葉酸サプリで、喘息のリスクを心配するのは何だか嫌ですよね。
そこで、安心して飲めるサプリメントとは、どの様な物なのか見ていきましょう。

成分の過剰摂取に配慮されている物

葉酸の摂取で赤ちゃんの喘息の原因になるのは「過剰摂取」だということをお話しましたね。
過剰摂取は喘息以外にも、様々な副作用を引き起こす恐れがありますから良くありません。
良質な葉酸サプリメントは、葉酸はもちろんその他の脂溶性ビタミンなどの過剰摂取にも配慮された配合になっている物があります。
そういったサプリメントを選ぶことで、妊娠中に安心して飲む事が出来るでしょう。

配合されている成分が天然由来の物

葉酸の過剰摂取がお腹の赤ちゃんの喘息のリスクを上げるとしたオーストラリアの研究でも、”食事からの摂取ではそのような結果は出なかった”とされています。
ですから、サプリメントもなるべく天然由来成分から作られた物を選ぶと良いでしょう。
また、天然由来のサプリメントは喘息リスクだけでなくその他の副作用も少ないのが特徴ですからオススメです。

まとめ

“妊娠後期に葉酸を摂取することでお腹の赤ちゃんが喘息になるリスクが上がる”という噂の真相は、毎日1000ug以上の過剰摂取をした場合の研究結果でした。

葉酸は妊娠初期だけでは無く、妊娠中期以降・授乳期に渡って赤ちゃんの発達やママの健康にとって素晴らしい働きをしてくれる栄養素です。
天然由来で過剰摂取に配慮されている良質なサプリメントを選び、用量を守って正しく摂取していれば、赤ちゃんの喘息のリスクが上がる事は無いでしょう。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。