葉酸とビタミンB6

妊娠中にしっかりと摂る事で、お腹の赤ちゃんの先天性奇形などを防ぎ正常な成長を助ける「葉酸」。
その重要性については今や多くの雑誌やメディアでも取り上げられており、2000年からは母子手帳にも記載されていますから、妊活中や妊娠中の女性は既にご存知の方も多い事でしょう。

そんな葉酸と一緒に摂ると良いと言われているのが「ビタミンB6」です。
ビタミンB6と聞いても、どんな食品に含まれている栄養素なのか、直ぐに思い浮かべる事が出来る人は少ないかもしれませんね。

そこで今回は、ビタミンB6の働きや特徴、葉酸と一緒に摂るメリット等について詳しくお話したいと思います。

ビタミンB6は妊婦さんにとって重要な栄養素

あまり知られていないかもしれませんが、ビタミンB6は妊婦さんの身体にとってとても重要な栄養素の一つです。

そもそもビタミンB6とは、葉酸と同じ水溶性ビタミンb群の仲間。
たんぱく質や脂質からエネルギーを作り出す働きや、皮膚の新陳代謝等に深く関わっています。

ビタミンB6はつわりの軽減に効果的

妊娠中に多くの女性が悩まされる「つわり」。
私も3度の妊娠中、重いつわりに悩まされました。

ビタミンB6には、つわりの症状を軽減する効果が期待できると言われています。
つわりに苦しむ女性にビタミンB6を投与したところ、症状が軽減・改善されたと言う海外の研究報告があるのです。

また、つわりの原因のひとつに、ビタミンb群の不足が挙げられています。
妊娠中の辛いつわりの軽減には、葉酸やビタミンB6等のビタミンb群の摂取が大切なのです。

葉酸にもつわりの軽減効果が期待されいますので、是非こちらの記事を参考にしてみて下さいね。
⇒「葉酸サプリでつわりが軽減するって嘘?本当?

ビタミンB6は赤ちゃんの免疫機能や脳の発達に関与する

ビタミンB6は脳の神経に関わる働きをしており、お腹の赤ちゃんの免疫機能や脳の発達を助けています。
ですから、妊娠中には積極的に摂りたい栄養素の一つなのです。

ビタミンB6は妊娠中のイライラを緩和する

私たち女性の身体や心はホルモンのバランスに左右されやすく、特に生理前や妊娠中にはイライラや憂鬱、倦怠感などの精神状態に陥る人は多いものです。
ビタミンB6には、神経の状態を正常に保ち気分の浮き沈みを軽減する効果があると言われています。

様々な身体の変化により只でさえ体調を崩しやすい妊娠中に、心まで落ち込んでしまうのは辛いものですよね。
普段からビタミンB6を積極的に摂ることで、そんな症状を軽減する事が出来るでしょう。

葉酸とビタミンB6を一緒に摂るメリット

葉酸とビタミンB6を一緒に摂るメリット

ビタミンB6の働きや、妊娠中に摂る事の重要性については分かって頂けたと思います。
では、葉酸と一緒に摂るメリットとは何なのでしょうか。

ビタミンB6は葉酸の吸収や働きを助ける

妊娠中に積極的に摂りたい葉酸ですが、実は吸収率は約50%と低い上に、単体ではほとんど働く事が出来ません。
ですから、葉酸は他の栄養素と一緒に摂る事で効率的に吸収され、共に働く事が出来るのです。

葉酸の吸収や働きを助ける栄養素には、ビタミンCや鉄分、ビタミンb12等が挙げられますが、ビタミンB6もその一つ。
ビタミンB6は葉酸の吸収を助ける他、共に血中のホモシステインをアミノ酸に変化し、動脈硬化や脳梗塞を予防する働きもしています。

葉酸やビタミンB6はどんな食べ物に含まれているの?

葉酸は、うなぎやレバー、ブロッコリーやほうれん草などの野菜、いちごやライチ等の果物に含まれています。
また、ビタミンB6はレバーや赤身の魚、ニンニク、ナッツ類、バナナ、焼き海苔等に豊富に含まれる栄養素です。

しかし、レバーやうなぎの肝には「レチノール」と言う成分も豊富に含まれています。
動物性の食品に含まれるビタミンAの一種「レチノール」は、体内に蓄積されやすい脂溶性ビタミンの仲間です。

摂り過ぎた場合にはママの身体だけでは無く、お腹の赤ちゃんの奇形のリスクを高める危険性もあります。
ほどほどの量に留めておきましょう。

葉酸を含む食品については、こちらの記事でも詳しく解説していますので、参考にしてみて下さいね。
⇒「そもそも葉酸って何?

葉酸とビタミンB6を摂るなら一つのサプリからが良い

葉酸やビタミンB6等の水溶性ビタミンは、加熱調理に弱く吸収率が低いため、食品からの十分な摂取が難しいとされています。
そこで、足りない分を吸収率の良いサプリメントで補う事が推奨されているのです。

しかし、葉酸もビタミンB6も妊娠中に積極的に摂りたい栄養素ですが、実は摂り過ぎも良くありません。
葉酸には1日1000ug、ビタミンB6には100mgと言う上限摂取量が設けられています。
これを越えて摂取し続けた場合には、過剰摂取による副作用が引き起こされる事があるのです。

食品からの摂取だけではよほど過剰摂取の心配はありませんが、90%と高い吸収率を誇るサプリの場合には気を付けなければなりません。
ですから、葉酸とビタミンB6を一緒に摂りたい場合には、それぞれ別々のサプリで摂るよりも両方が配合された一つのサプリがオススメ。
 
複数のサプリメントを飲んでいては気付かない内に過剰摂取になっている心配がありますが、一つのサプリで補う事で過剰摂取を避け、安全に栄養素を摂ることが出来るのです。

葉酸の過剰摂取による影響については、こちらの記事をご覧下さい。
⇒「妊娠中の葉酸の過剰摂取は危険!どんな影響が出るの?

葉酸とビタミンB6についてのまとめ

葉酸とビタミンB6についてのまとめ

つわりの軽減や赤ちゃんの発達のサポートなど、葉酸もビタミンB6もそれぞれ妊婦さんにとって重要な働きを担っている栄養素。
これらの栄養素は同時に摂る事によって、吸収率を高め共に働く相乗効果が期待できるのです。

しかし、これら水溶性ビタミンは吸収率が低く、毎日の食事だけでは十分な量を補う事が難しいと言えます。
そこで、足りない分を吸収率の良いサプリメントで補う事が推奨されているのです。

それぞれの栄養素の過剰摂取を防ぐため、ビタミンB6が配合された葉酸サプリメントをオススメします。
当サイトでは、ビタミンB6が配合された安全性の高い葉酸サプリメントについてご紹介していますので参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。