妊娠で疲れやすい

女性は妊娠をすると、体調に様々な変化が起こります。
中でも、体がだるい、頭痛がする、足のむくみ、疲れやすい等の症状に悩まされる人は多い事でしょう。

なぜ妊娠初期には体が疲れやすいのでしょうか。
そんな辛い症状はいつまで続くのかと気分まで憂鬱になってしまいますよね。

今回は、妊娠初期の体の疲れやすさの原因や対策について詳しくお話したいと思います。

妊娠初期の疲れやすさの理由は?

妊娠初期や、まだ妊娠が分かる前の妊娠超初期と呼ばれる時期の疲れやすさやだるさは、なぜ起こるのでしょうか。

疲れやすいのは妊娠の初期症状

妊娠して「疲れやすいな」と感じるのは、妊娠の初期症状のひとつです。
疲れやすさ以外にも、妊娠すると「体がだるい」「眠い」「めまい」「貧血」「イライラする」「頭痛」など、風邪のような症状が見られる事があります。

風邪を引いたと思って病院へ行き妊娠が分かったという人が多いのは、この為でしょう。
ですから、いつもより疲れやすいからと言って、お腹の赤ちゃんへの影響や何か異常があるのではと心配する必要はありません。
感じ方は人それぞれ個人差はありますが、ほとんどの女性に起こる物と思って大丈夫でしょう。

妊娠によるホルモンバランスの変化で疲れやすくなる

妊娠すると、体内のホルモンバランスは劇的に変化し、特に「プロゲステロン」と呼ばれるホルモンの分泌が活発になります。
このプロゲステロンには、体温を上昇させる働きがあるため、熱っぽくだるくなるのです。
また、この急激なホルモンバランスの変化により、妊娠初期は見た目以上に体力を消耗しているので、いつもよりも疲れやすくなるのでしょう。

妊娠初期の疲れやすさはいつからいつまで続くの?

妊娠初期の疲れやすさの時期については人それぞれ個人差がありますが、早い人では妊娠が分かる前の「妊娠超初期」と呼ばれる時期から感じます。

プロゲステロンの分泌は、一般的には6ヶ月頃から落ち着いてくる傾向にあるため、安定期に入ると疲れやすさも治まってくる人が多いと言えます。
また、つわりと共に始まり、つわりの終わりと共に治まる人も多く、妊娠3ヶ月頃から疲れやすいと感じ始め、妊娠4ヶ月~5ヶ月頃に治まる人も多いようです。
ただし、つわりの治まる時期にも個人差があり、長い人では臨月まで続く人もいますから、一概には言えないでしょう。

疲れやすい妊娠初期を乗り切る改善策

疲れやすい妊娠初期を乗り切る改善策

妊娠初期の疲れやすさは自然な事とは言え、本人は辛いものですよね。
特に2人目、3人目などの妊娠中には上の子の世話もしなくてはならないので、特に身体が辛い事でしょう。
そんな妊娠初期の疲れやすさを少しでも改善する方法は無いでしょうか。

リラックスする時間を作ろう

疲れやすい妊娠初期には、なるべくリラックスする時間を持つ事が必要です。
心とホルモンバランスは深い関係にあり、ストレスを感じ続けていると自律神経が乱れ、ホルモンのバランスも更に乱れてしまいます。

第二子以降の妊娠中には中々一人の時間を持つ事は難しいかもしれませんが、そんなママにこそほんの15分でもボーッとする時間が必要なのです。
妊娠初期は特に大切な時期でもありますから、旦那さんや家族に甘える事が出来るなら、少しでもリラックス出来る時間を作る事をオススメします。

家事を完璧にこなそうとしない

疲れやすく体調の波が起こりやすい妊娠初期には、家事をするのが辛い日もありますよね。
そんな時、完璧にこなそうとすれば身体に負担が掛かりますし、出来なかった時には自分を責めてしまう人もいるでしょう。
しかし、家事は見た目よりも重労働です。

妊娠中はお腹の赤ちゃんとママの身体が一番大切。
手を抜く事は決して怠ける事ではなく、むしろ子育ての一つとも言えるのです。
「完璧にこなさなければ」と思うことは素晴らしいと思うのですが、それがプレッシャーになる時は手を抜く事も必要と言えます。

疲れたら休もう

妊娠初期に疲れたなと感じた時は、まずゆっくりと身体を休めましょう。
少しでも座ったり横になったりするだけでも、体力の回復に繋がります。

仕事は頑張りすぎない

仕事をしている人は、中々ゆっくりと休むのも難しいかもしれませんね。
特につわりのある人にとっては辛い事でしょう。

しかし、妊娠初期は大切な時期。
無理をしない程度に仕事をしましょう。
妊娠している事を職場に伝えておくと、周りの理解も得られるのではないかと思います。

妊娠中の疲れやすさの改善に葉酸が効果的

妊娠中の疲れやすさの改善に葉酸が効果的

妊娠初期の疲れやすさを和らげるのに、実は葉酸の働きが効果的です。
葉酸と言えばお腹の赤ちゃんにとって必要な栄養素。
なぜ疲れやすさに効果的なのでしょうか。

葉酸は妊娠中のホルモンバランスを整える

葉酸には、ホルモンバランスを整える働きがあります。
妊娠初期の疲れやすさの原因は、急激なホルモンバランスの変化による物ですから、葉酸をしっかりと摂る事で和らげる効果が期待出来ます。
また、葉酸の造血作用によって身体が温まる事も、疲れの改善に効果的だと考えられます。

葉酸は気分をリラックスさせる

妊娠初期は様々な身体や環境の変化によりストレスを感じやすい時期です。
ストレスはホルモンバランスを更に乱し、疲れを助長する事にも繋がります。
葉酸には、自律神経を整え気分をリラックスさせる働きがありますから、 中々自分の時間を持つのが難しいママにとってもオススメの栄養素です。

葉酸はサプリメントで確実に摂取しよう

赤ちゃんの健康はもちろん、妊娠初期の疲れやすさの軽減にも効果的な葉酸。
厚生労働省は妊活中からの摂取を推奨しています。

しかし、葉酸は水溶性ビタミンの一種で水洗いや加熱に弱く、その調理過程で約半分ほどが失われてしまうのです。
さらに食品からの葉酸の吸収率は約50%ですから、毎日の食事だけでは妊娠中に必要な葉酸を補う事はとても難しいと言えます。

そこで厚生労働省も推奨しているのが葉酸サプリです。
葉酸サプリに配合されている葉酸の吸収率は約90%と高く、確実に葉酸を摂る事ができます。
妊娠中に摂った葉酸は、お腹の赤ちゃんに優先的に使われてしまいますから、疲れやすさを改善したい人は特にサプリメント等でしっかりと葉酸を補う必要があります。

妊娠初期の疲れやすさのまとめ

妊娠初期の疲れやすさのまとめ

妊娠初期の疲れやすさの原因は急激なホルモンバランスの変化によるものですから、特別な心配は必要ありません。
とは言っても身体はとても辛いものですよね。
妊娠初期は無理をしない、頑張り過ぎない、疲れたらその都度休む事を心がけましょう。

また、葉酸をしっかりと摂る事で、妊娠初期の疲れやすさを和らげる効果が期待できます。
毎日のバランスの取れた食事に、吸収率の良い葉酸サプリをプラスすることで簡単に確実に葉酸を摂る事が出来ます。

当サイトでは、妊娠中に安心して飲む事が出来る葉酸サプリメントについて紹介しています。
是非参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。