葉酸は取りすぎは良くない

妊娠中に”しっかりと摂取しましょう”と言われる葉酸ですが、逆に過剰摂取について心配されているママもいることでしょう。
葉酸に摂りすぎってあるの?」もしあるとしたら、「どれくらい摂ったら摂りすぎなんだろう?」「摂りすぎたらどんな影響があるの?」
こちらでは、そんなママ達の疑問にお答えしていきたいと思います。

葉酸は摂りすぎたらいけない?

葉酸は、性質的にあまり身体の中に蓄えられないという特徴を持っています。
ですから、普通の食生活で過剰摂取になることはほとんど無いと言えるでしょう。
しかし、万が一摂りすぎた場合には”過剰摂取”となり様々な症状が現れることもあります。

葉酸の上限摂取量は1日1000ug

葉酸の1日の上限摂取量は、妊娠の有無にかかわらず1000ugです。
この上限を越えて摂取した場合、過剰摂取となり身体に影響を及ぼす恐れもあります。

食事だけでは摂りすぎにはなりにくい

葉酸は、水溶性ビタミンの一種で、水洗いや加熱調理に弱い為、その食品が食卓に並ぶ頃には元々の含有量の約半分ほどに減ってしまっている事がほとんどです。
また、葉酸を食品から接種した場合の吸収率は約50%とそれ程高くない為、毎日頑張って葉酸を多く含む食品を摂取したとしても、1000ugを越える事はまず無いと言って良いでしょう。

しかし、サプリメントに含まれる葉酸は「モノグルタミン酸型葉酸」と言って吸収率が90%と高い様に作られています。
この吸収率の良さがサプリメントのメリットであり、厚生労働省が推奨する理由でもあるのですが、用量を無視してサプリメントを一度に大量に摂取した場合には、摂りすぎになってしまう恐れがあるのです。

正しく飲めばサプリメントでも摂りすぎにはならない

吸収率の良い葉酸サプリメントですが、危険という訳ではありません。
むしろ、良質なサプリメントは葉酸を始め、その他の栄養素も過剰摂取にならないような配合がされています。

厚生労働省が推奨している、妊婦さんの1日の葉酸摂取量は400ugです。
葉酸は、妊娠初期に正しく摂取することで、お腹の赤ちゃんの先天性奇形のリスクを下げる効果が期待できる事から推奨されています。
ですから、サプリメントも1日分に含まれる葉酸の量が400ugとなっている物が多いでしょう。
また、鉄分やカルシウムなども1日の上限摂取量を越えないように配合されている物が多いので、サプリメントは用法・用量を守って正しく摂取していれば、摂りすぎになることはまずありません。

葉酸を摂りすぎるとどうなるの?

葉酸を摂りすぎるとどうなるのか

では万が一、葉酸を摂りすぎた場合どんな影響があるのでしょうか?

葉酸過敏症を引き起こす

1日に1000ugを越える葉酸を摂り続けた場合、過剰摂取により「葉酸過敏症」を引き起こす事があります。
葉酸過敏症になると、発熱や発疹、かゆみや呼吸障害、不眠症や吐き気と言った様々な症状が現れるのです。

呼吸障害に関しては命に関わる事ですから恐いですね。
どんなに”良い”とされる物でも摂りすぎは危険なのです。

葉酸を摂りすぎると赤ちゃんが喘息になるってホント?

葉酸を1日の上限の1000ug以上摂り続けた場合、ママだけでは無くお腹の赤ちゃんにも影響が出る恐れがあります。
オーストラリアの研究によると、妊娠後期に葉酸を摂りすぎるとお腹の赤ちゃんが小児喘息になるリスクが25%と高まると報告されているのです。
妊娠後期の16週以降は特に気をつけた方が良いでしょう。

ビタミン12欠乏症の診断を困難にする

葉酸の摂りすぎが引き起こすとされる副作用の1つに、ビタミンB12欠乏症の診断を困難にするという物があります。

ビタミンB12欠乏症とは、ビタミンB12が体内で欠乏状態になることにより、悪性貧血・神経系の障害・情緒不安定・手足のしびれ・睡眠障害などを引き起こす物です。

また、ビタミンB12が欠乏すると、血中のホモシステイン濃度の上昇を招きます。
ホモシステイン濃度が上がると動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高くなってしまいます。
この様に、かかればすぐにでも治療をしたいビタミンB12欠乏症ですが、葉酸を過剰摂取しているとこのビタミンB12欠乏症の診断が遅れてしまうことがあるのです。

葉酸サプリの正しい飲み方と気をつけたいこと

葉酸サプリの正しい飲み方

これまで、「葉酸の摂りすぎは副作用を招くが、正しく摂していれば大丈夫」という事をお伝えしてきましたね。
では、摂りすぎにならない為の、葉酸サプリメントの正しい摂り方と気をつけるべき点についてお話しましょう。

用量をしっかり守って飲む

やはり、一番大切なのは用量を守って飲むことでしょう。
良質なサプリメントは、1日分で必要な栄養がしっかりと摂れる様に配合されていますから、それ以上飲む必要は無いのです。

また、葉酸サプリメントには身体の中に溜まりやすいとされる”脂溶性ビタミン”も配合されていますから、サプリメントの飲みすぎは脂溶性ビタミンの過剰摂取にも繋がります。

コップ1杯の水かぬるま湯で飲もう

葉酸サプリメントが胃の中でしっかりと溶けて吸収される為には、なるべくコップ1杯程の水かぬるま湯で飲みましょう。

つわりの時期など飲みにくいと感じる時にはジュース等で飲んでもかまいませんが、コーヒーや緑茶等に含まれるカフェインやカテキンには、葉酸の吸収を妨げる作用があります。
そのため、コーヒーや緑茶などと一緒に飲む事はオススメ出来ません。

飲み忘れてもまとめて飲まない方が良い

過剰摂取になる原因として多いとされるのが「飲み忘れによる、後からのまとめ飲み」です。
たまの飲み忘れならさほど問題はありませんが、忙しいからと「数日分を後からまとめて飲めばいいか」と思っている人は危険ですね。
飲み忘れた場合は1日や2日であれば、それにより葉酸が欠乏することはありませんから、慌てて飲まずにその日はその日の分だけを飲めば問題ありません。

1日の上限が1000ugだということは、葉酸サプリメントを飲む上で覚えておくべき事かと思います。

薬との飲み合わせにも気をつけて

葉酸サプリメントを摂取する上で、もう1つ気をつけたいのが他の薬との飲み合わせです。
飲み合わせの悪い薬と一緒に摂ったからと言って直接身体に害がある訳ではありませんが、薬によっては一緒に飲むことで葉酸の吸収を妨げたり、薬自体の効果を低下させてしまうことがあります。
特にフェニトインやメトトレキサートなどの抗てんかん薬などは要注意です。

飲み合わせについてはこちらの記事もご覧下さい。
葉酸サプリと薬との飲み合わせは危険!?

まとめ

葉酸を摂りすぎると、葉酸過敏症を引き起こしたり、お腹の赤ちゃんが喘息になるなど、ママだけでは無く赤ちゃんにまで影響が及んでしまいます。

食事だけではよほど摂りすぎにはならない葉酸ですが、吸収率の良いサプリメントに関しては注意が必要です。
葉酸サプリメントは、1日の摂取上限量である1000ugを越えない様に、用法・用量を守って正しく摂取することが大切でしょう。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  2. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。