トマトと葉酸

妊娠中にしっかりと摂ることで、お腹の赤ちゃんの先天性奇形の予防や正常な発育を支えてくれる栄養素「葉酸」。
ブロッコリーやほうれん草、レバーなど葉酸を多く含む食品は沢山ありますが、中でも妊婦さんにオススメなのが「トマト」です。

トマトには、葉酸やリコピンを始め、様々な栄養素が含まれており、妊娠中に嬉しい効果が多くあります。
そこで今回は、妊娠中にトマト食べるメリットについて詳しくお伝えしましょう。

トマトには葉酸など妊娠中に嬉しい栄養素が多い

トマトやブロッコリー等の緑黄色野菜が身体に良い事は、既に多くの人に浸透しているのでは無いでしょうか。
中でもトマトは、脳卒中や脳梗塞を予防する効果が期待できると言う実験結果が、フィンランドで行われた研究によって発表されています。

このように、私達の健康を助けてくれるトマトですが、特に妊娠中に嬉しい効果が沢山あるのです。

トマトならつわりの時期にも葉酸が摂りやすい

妊娠中、特につわりの時期には梅干しやレモン等の酸味のある物が食べたくなるとよく聞きますが、トマトが食べたくなる人も多いようです。
実際に私も3度のつわりを経験しましたが、つわりで食べられない物が多い中、トマトなら食べられると言う事が何度かありました。
程よい酸味とさっぱりとした後味で、つわりの時期にも食べやすい野菜の一つです。
 
葉酸は妊娠初期に最も必要とされています。
つわりで食べられる物が少ない場合でも、トマトで葉酸やその他の栄養素が摂れるのは嬉しい物です。

トマトのリコピンと葉酸で妊娠中も美しく!

トマトと言えば「リコピン」では無いでしょうか。
このリコピンには強い抗酸化作用があり、妊娠中に多くのママ達が悩む「しみ」や「肌荒れ」を防ぐ効果が期待できます。

また、トマトに含まれる葉酸には、細胞分裂を助け肌のターンオーバーをサポートする働きや、肌に栄養を届ける「血液」を作り出す働きがあり、美肌効果が期待できるのです。

忙しい妊娠中でも美しさを保ちたいというママには、トマトはとても強い味方。
プチトマト等を常備しておけば、忙しい家事の合間にもポンッと口に入れられますからオススメです。

また、リコピンは血糖値の上昇を防ぐ働きもありますから、体重の増加や妊娠糖尿病の予防にも効果的です。

葉酸の美容効果については、こちらの記事で詳しくお話しています。
⇒「美容や健康にも効果的な葉酸の働きとは?

トマトのビタミンAは安全性が高い

トマトには、ビタミンAも多く含まれています。
ビタミンAは、免疫力を高める事から、妊娠中には積極的に摂りたい食品と言えます。
しかしながら、摂り過ぎると頭痛や吐き気、お腹の赤ちゃんの奇形にも繋がるため、避けてしまう人もいるのでは無いでしょうか。

しかし、トマト等の野菜に含まれているビタミンAは、体内に蓄積されにくい水溶性の「カロテン」です。
ビタミンC等と同様、必要の無い分は尿などで排出されますから、過剰摂取の心配はありません。
妊娠中にビタミンAを摂るなら、トマト等の野菜からが安心なのです。

トマトのカリウムで妊娠中のむくみを予防

妊娠中の辛いトラブルには様々な物が挙げられますが、中でも「むくみ」は多くのママが経験しますよね。
いつもは滅多に浮腫まない私ですが、妊娠中は手を握れないほど浮腫んだ経験があります。

トマトには、体内の水分量を調整してくれるカリウムが豊富に含まれており、妊娠中のむくみの予防にも効果的なのです。

妊娠中にトマトを食べる時の注意点は?

妊娠中にトマトを食べる時の注意点

妊婦さんにオススメのトマトですが、食べる時の注意点がいくつかあります。

食べ過ぎない

トマトに含まれる栄養素に関しては、過剰摂取の心配はほとんどありませんから、妊娠中に沢山食べても問題は無いと言われています。

しかし、トマトは夏野菜ですから、身体を冷やす性質を持っているのです。
お腹の赤ちゃんに直接影響はありませんが、冷え性や下痢の原因にもなり得ますから、程々の量にしておきましょう。

塩やドレッシングをかけ過ぎない

トマトを食べる際に気をつけたいのが、塩分です。
塩やドレッシングをかけると、より一層美味しく食べられますよね。

しかし、妊娠中の塩分の摂り過ぎは妊娠高血圧症候群等の原因にもなりますから、なるべく何もかけずに食べる事をオススメします。

妊娠高血圧症候群の予防については、こちらの記事で詳しくお話しています。
⇒「葉酸が妊娠高血圧症候群の予防に効果的って嘘?ホント?

しっかり洗ってから食べよう

トマトの表面には、トキソプラズマと言う原虫がいる場合があり、免疫力の低い妊娠中には感染してしまいやすいと言われています。
妊娠中にトキソプラズマに感染した場合には、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼしますから注意が必要なのです。
妊娠中にトマトを食べる際には特に、しっかりと洗う事をオススメします。

また、農薬を避けると言う意味でも、しっかりと洗ってから食べる事は大切です。

妊娠中に必要な葉酸はトマトでまかなえる?

妊娠中に必要な葉酸はトマトでまかなえるのか

葉酸が摂れるトマトですが、トマトだけで妊娠中に必要な葉酸をしっかりとまかなえるのでしょうか。

トマトやトマトの加工食品の葉酸含有量

トマトやトマトジュース等の加工食品には、どれくらいの葉酸が含まれているのでしょうか。

食品名 数量 葉酸含有量
トマト 1個 40~45ug
ミニトマト 100g 36ug
トマトジュース 1本(190ml) 30ug
トマトケチャップ 100g 5ug
トマトソース 100g 8~9ug
トマト缶 1缶 80ug

大きさやメーカーによっても異なりますが、おおよそこれ位の含有量です。
妊娠中に必要な1日の葉酸摂取量は、厚生労働省によると「400ug」とされています。

トマトのサラダにトマトのスープ、トマトケチャップをかけたオムレツにトマトゼリーなど、トマト料理のフルコースにすれば無理では無い量に思えるかもしれませんね。
しかし、トマト等の食品だけで妊娠中に必要な葉酸量を補う事はとても難しいのです。

トマトなど食品由来の葉酸は吸収率が良くない

水溶性ビタミンの一種である葉酸は、熱や水洗いに弱く、その調理過程において多くが失われてしまいます。
また、食品に含まれる葉酸の体内吸収率は約50%と低いため、トマトを食べても元々の含有量の約3分の1から4分の1程しか吸収されないのです。

妊娠中に嬉しい栄養素が豊富なトマトですが、トマトだけで妊娠中に必要な葉酸量を補う事は難しいでしょう。

トマトと葉酸サプリを組み合わせるのが理想的

葉酸は吸収率が悪いと言うお話をさせて頂きましたが、サプリメントに配合されている葉酸は約90%の吸収率を誇っています。

実は葉酸には、食品に元々含まれている「天然葉酸」と、サプリメント等に配合されている「合成葉酸」の二種類が存在するのです。
「天然」「合成」と聞くと、何となく天然葉酸の方が身体に良いようなイメージが沸くかもしれませんが、厚生労働省は妊娠中の女性に対して確実に葉酸が摂れる合成葉酸を推奨しています。
ただし、葉酸サプリメントと一口に言っても様々な商品がありますから、安全性の高い物を選ばなくてはなりません。

葉酸は、妊娠初期に摂る事でお腹の赤ちゃんの先天性奇形を防ぐ事から推奨されていますが、これは1日400ugの葉酸をしっかりと摂った場合の研究報告です。
妊娠中はトマト等の食品から天然の栄養素を摂り、葉酸サプリ等で足りない分を補う事が理想的と言えます。

妊娠中にも安心して飲む事が出来る葉酸サプリとはどんな物なのか、こちらの記事でまとめていますので参考にしてみて下さいね。
⇒「妊娠中に選ぶべき安全な葉酸サプリとは?

トマトと葉酸についてのまとめ

トマトと葉酸についてのまとめ

トマトには、葉酸を始めリコピンやカリウム、カロテンなど妊娠中に摂りたい栄養素が豊富に含まれています。
つわりの時期にも食べやすく、多少多く食べても過剰摂取の心配がほとんど無い点も妊婦さんにオススメの理由です。

しかし、食品に含まれる葉酸は吸収率が良くないため、トマトだけで妊娠中に必要な葉酸量を補う事は難しいと言えます。
毎日の食事や間食にトマトをプラスして、足りない分の葉酸をサプリメント等で補う事が理想的でしょう。

当サイトでは、妊娠中に安心して飲む事が出来る葉酸サプリメントについて紹介しています。
是非参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。