葉酸とサニーレタス

“妊婦さんの為の栄養素”として近年名高い「葉酸」と言うビタミン。
妊娠中にしっかりと摂る事で、お腹の赤ちゃんの先天性奇形などを防ぐとして、厚生労働省も推奨しています。
 
葉酸は、うなぎやレバー、ほうれん草やブロッコリー等の緑の葉野菜に多く含まれる栄養素。
中でも今回オススメしたいのが「サニーレタス」です。
サニーレタスは葉酸が摂れるのはもちろん、その他にも妊娠中に嬉しい働きをしてくれるビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

それでは、葉酸等のサニーレタスに含まれる栄養素について詳しくお話しましょう。

葉酸を摂るならレタスよりもサニーレタス!

シャキシャキとした歯触りとクセの無い風味が、どんな食材にもマッチしやすいレタス。
普段スーパー等で手に取る事も多いのでは無いでしょうか。

一般的に”レタス”と言えば、葉が丸くなり球形となった「結球レタス」を指す事が多いかと思います。
しかし、実は結球レタスよりもサニーレタスの方が何倍も栄養価が高いのです。

サニーレタスの葉酸含有量は?

サニーレタスには、100gあたりに120ugの葉酸が含まれています。
結球レタスの100gあたりの葉酸含有量が、キャベツとほぼ同量の73ugですから、サラダにするならサニーレタスの方が遥かに多く摂取出来るのです。

水溶性ビタミンの仲間である葉酸は、水に溶けやすく熱に弱い性質を持つため、水洗いや加熱調理によってその多くが失われてしまいます。
ですから、生で食べられるレタス等の野菜は、葉酸の摂取にはとても向いているのです。

サニーレタスの葉酸以外の栄養素は?

サニーレタスには、葉酸の他にも様々な栄養素が含まれています。

中でも豊富なのがビタミンCとカリウムです。
ビタミンCには葉酸の吸収を助ける働きがありますから、一緒に摂れるのは理想的でしょう。

その他にも、食物繊維や鉄分、カルシウム等の妊娠中に不足しがちな栄養素がバランス良く含まれています。
また、葉酸の働きを助けるビタミンB6や、抗酸化作用を持つビタミンE、βカロテンが含まれているのも嬉しいポイントです。

妊娠中にサニーレタスで葉酸を摂るメリット

妊娠中にサニーレタスで葉酸を摂るメリット

サニーレタスには、妊娠中に摂りたい栄養素が豊富に含まれています。
葉酸をサニーレタスで摂る事は、妊婦さんにとって様々なメリットがあるのです。

サニーレタスの葉酸で胎児の健康を守る

サニーレタスに豊富に含まれる「葉酸」には、お腹の赤ちゃんの成長や発達を助ける働きがあります。

赤ちゃんはママのお腹の中で、日々目まぐるしく細胞分裂を繰り返しながら成長します。
しかし、葉酸はこの”細胞分裂”に大きく関わっているのです。

赤ちゃんの身体が作られる時に、ママやパパのDNAが受け継がれます。
この時に、DNAのコピーミスが起こる事によって先天性奇形を伴う事があるのです。

葉酸は、DNAが正しくコピーされるのをサポートしてくれます。
そのため、赤ちゃんの脳や脊髄を作る妊娠初期にしっかりと摂る事で、二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖障害のリスクを約70%低減する事が分かっています。

サニーレタスで免疫力が上がる

サニーレタスに含まれるビタミンCやE、βカロテンには、免疫力を上げてくれる働きがあります。

妊娠中は免疫力が落ちやすく、かぜ等の感染症にかかりやすいものです。
気軽に薬を飲む事も出来ませんから、普段から免疫力を上げ感染症に”かからない”事が一番の対策となるでしょう。

サニーレタスの安眠効果

サニーレタス等のレタスの仲間には、「ラクッコピコリン」と言う栄養素が含まれています。
聞き慣れない栄養素ですが、”睡眠ホルモン”とも呼ばれるメラトニンと同じ様な働きをするため、睡眠を安定させてくれる作用があるのです。

妊娠中はつわりや胎動等により、安定した睡眠を取れない時期もありますよね。
睡眠薬ほどの効果は期待出来ませんが、サニーレタスに含まれるラクッコピコリンによって、少しでも安定した睡眠が取れるのでは無いかと思います。

サニーレタスでむくみが解消

サニーレタスに豊富に含まれているのが「カリウム」です。
カリウムには、体内の水分量を調整する働きがあり、妊娠中の辛い”むくみ”の解消に効果が期待できます。

特に妊娠後期ともなると、身体の様々な所にむくみを感じる人は多いのでは無いでしょうか。
そんな時には、カリウムが摂れるサニーレタスをメニューに加えて見ると良いでしょう。

サニーレタスの美肌効果

妊娠中は、ホルモンバランスの変化やストレス等により、肌が荒れやすくシミも出来やすいものです。

サニーレタスに含まれるビタミンCやβカロテンには強い抗酸化作用があり、老化や肌荒れの原因となる体内の活性酸素を除去してくれる働きがあります。
シミを予防する働きもあり、美肌に効果的なのです。

葉酸を摂りつつ美肌効果も期待できるサニーレタスは、妊婦さんにとてもオススメの野菜でしょう。

サニーレタスだけで妊娠中に必要な葉酸は摂れる?

サニーレタスだけで妊娠中に必要な葉酸は摂れるのか

葉酸を豊富に含むサニーレタス。
どんなレシピにも加えやすく生で手軽に食べられるサニーレタスで、妊娠中に必要な葉酸が補えたら嬉しいものですよね。

厚生労働省が妊娠中の女性に推奨している1日の葉酸摂取量は、400ugとなっています。
サニーレタスの葉酸含有量から考えると、朝・昼・晩の食事にサラダとして加えれば、無理では無い量に思えるかもしれません。

しかし、サニーレタス等の食品に含まれる葉酸の吸収率は約50%と低く、実際には元々の含有量の半分ほどしか摂取する事が出来ないのです。
ですから、残念ながらサニーレタスだけで、妊娠中に必要な葉酸を補う事は難しいと言えるでしょう。

サニーレタスで足りない分は葉酸サプリで補おう

サニーレタス等の食品からの摂取で足りない分の葉酸は、サプリメントで補うのがオススメです。
サプリに配合されている葉酸は吸収率が約90%と高く、確実に葉酸を摂る事が出来るため、厚生労働省も推奨しています。

しかし、数多く売られている葉酸サプリの中には、妊娠中に摂り過ぎると良くない食品添加物や原料を使用した物もありますから、注意が必要です。
妊娠中に毎日飲む葉酸サプリメントには、原料や製造工程での安全性を求める事が重要でしょう。

安全な葉酸サプリを選ぶポイントについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
参考にしてみて下さいね。
⇒「妊娠中に選ぶべき安全な葉酸サプリとは?

サニーレタスと葉酸についてのまとめ

サニーレタスと葉酸についてのまとめ

サニーレタスは、キャベツやレタス等の葉野菜の中でも豊富な葉酸を含んでいます。
また、鉄分やカルシウム、ビタミンC等の妊娠中に必要な栄養素をバランス良く含む野菜です。
生で食べられる事や、葉酸の働きを助ける栄養素が一緒に摂れる事など、サニーレタスから葉酸を摂取する事はオススメ。

しかし、吸収率を考えると妊娠中に必要な葉酸をサニーレタスだけで補うのは難しいと言えます。
毎日の食事にサニーレタスを加え、足りない分の葉酸を吸収率の高いサプリメント等で補うのが理想的でしょう。

当サイトでは、妊娠中に安心して飲む事が出来る葉酸サプリメントについてご紹介しています。
是非参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  2. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。