妊娠中の生魚

妊娠中にママが食べた物はお腹の赤ちゃんの栄養となるだけでは無く、時に害になることもあります。
ですから、妊婦さんが避けた方が良い食べ物もあるのです。
例えば、刺激物やアルコール、生肉や生魚などが代表的では無いでしょうか。

今回は、中でも妊娠中に生魚を食べる際の注意点について、詳しくお話したいと思います。

妊娠中は生魚などの生物に気を付けよう

刺身やお寿司等の生魚や、レアのステーキやローストビーフ等、生物には美味しい食べ物が沢山ありますよね。
しかし、生魚や生肉に含まれるリステリア菌やトキソプラズマ等への感染のリスクを考えると、妊娠中にはあまりオススメできる物ではありません。

しかし、だからと言って”絶対に食べてはいけない”という訳ではなく、気を付けて食べる必要があると言うことなのです。

妊娠中に刺身などの生魚を避けた方が良い理由は?

妊娠中に刺身などの生魚を避けた方が良い理由

妊娠中に、お寿司や刺身などの生魚を避けた方が良いのには、いくつかの理由があります。

妊娠中は生魚による食中毒を起こしやすい

妊娠中は、お腹の赤ちゃんを異物とみなさないために、身体は敢えて免疫を低下させます。
しかし、免疫が低下した状態の時には、普段よりも食中毒になりやすいのです。

妊娠中に下痢や嘔吐を繰り返す事は、時に流産などの原因にもなりますから、注意が必要と言えます。
ノロウイルスや黄色ブドウ球菌など、食中毒の原因となる菌は様々ですが、中でも妊娠中に気を付けたいのがリステリア菌による食中毒。
厚生労働省も、リステリア菌による胎盤や胎児への感染、流産など赤ちゃんへの影響のリスクを指摘しています。

妊娠中の生魚による食中毒を避けるためには、鮮度の良いものを選んで食べること、そして家に持ち帰る際には、しっかりと冷やしながら持ち帰り、すぐに冷蔵庫などで保存する事が重要です。

生魚に含まれる水銀が赤ちゃんに影響を及ぼす

食中毒とは少し違いますが、妊娠中に気を付けたいのが魚に含まれる「メチル水銀」です。
元々自然界に存在する「無機水銀」には、人体への影響はほとんどありません。
しかし、海の中で微生物によって無機水銀はメチル水銀へと変化し、プランクトン→小魚→大型魚類というように、私たちが日々食べる魚に蓄積されていくのです。

“妊娠中はマグロを食べ過ぎてはいけない”と言う話を聞いた事があるママも多いのでは無いでしょうか。
それは、この水銀がマグロなどの大きな魚には多く含まれている可能性が高いからです。

メチル水銀は体内に吸収されやすく、摂り過ぎると脳や神経にまで影響を及ぼす物。
特に胎児は大人の様に上手く水銀を排出する事が出来ません。
ですから、妊娠中にメチル水銀を摂り過ぎた場合には、お腹の赤ちゃんの神経系の障害に繋がる事もあるのです。

妊娠中に魚を食べてはいけないと言う訳ではありませんが、お腹の赤ちゃんの為に種類や量に注意する必要があります。

妊娠中に生魚を食べる時の注意点

妊娠中に生魚を食べる時の注意点

食べ過ぎは良くありませんが、妊娠中だからと言って生魚を一切絶つと言う必要も無いかと思います。
いくつかのポイントさえしっかりと注意すれば、たまにはお刺身やお寿司を食べても大丈夫なのです。

妊娠中の生魚の摂取はいつから気をつけるべき?

メチル水銀は、時に胎児の神経障害を招きます。
妊娠初期の、赤ちゃんの脳を作る時期には特に注意が必要なのでは無いかと思います。

また、食中毒等についても、流産が心配されるのは妊娠初期です。
生魚の摂取については、妊娠に気づいた時点で気を付ける必要があるのでは無いでしょうか。

水銀が多い魚と少ない魚

水銀の含まれる量には、魚の種類によって違いがあります。

マグロや金目鯛、メカジキやユメカサゴ等には多く含まれています。
一方、サーモンやアジ、サバ、いわし、さんま、ブリやカツオには水銀が少ないので、妊娠中にはこれらの魚を選んで食べるのが良いでしょう。

因みに、水銀は焼いたり煮たりと火を通しても減りません。

妊娠中はどれくらいなら生魚を食べても大丈夫?

まず、メチル水銀の含有量について、妊娠中に注意が必要な魚は以下の通りです。

  • キンメダイ
  • メカジキ
  • ツチクジラ
  • クロマグロ
  • メバチマグロ
  • インドマグロ
  • キダイ
  • マカジキ
  • ユメカサゴ
  • クロムツ

上記の魚などが挙げられます。

キンメダイ、メカジキ、ツチクジラ、クロマグロ、メバチマグロ等は、1週間に刺身1人前、切り身1切れ以内の摂取が良いとされています。
また、キダイ、メカジキ、ユメカサゴ、インドマグロ、クロムツ等は、1週間に刺身半人前、切り身2分の1切れ以内の摂取であれば問題は無いそうです。

また、先程もお話したように、サーモンやサンマ、アジ、サバ、イワシ、ブリやカツオについては、妊娠中に特に気を付ける必要は無い魚とされています。

妊娠中は、魚の種類や食べる量、鮮度等に気をつけて食べる事が大切です。

妊娠中の食事で気をつけたい生魚のまとめ

妊娠中の食事で気をつけたい生魚のまとめ

妊娠中は、食中毒にかかりやすい事やメチル水銀の赤ちゃんへの影響の懸念から、生魚の食べ過ぎには気を付ける必要があります。
しかし、絶対に食べてはいけないと言う訳ではありません。

新鮮な魚を選ぶ事や、魚の種類や量に気を付けることで、妊娠中でも安全に美味しく生魚を食べる事ができるのです。

妊娠中は、食べられない物や飲めない物も多く、ママ達は我慢を強いられることもしばしば。
量や種類に気を付けながら、たまには美味しいお刺身やお寿司を味わってもらいたい物です。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  2. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。