葉酸を産後や授乳期に摂ろう

葉酸には、胎児の先天性異常を防いだり質の良い血液を作り出すなどの働きがあり、赤ちゃんの健やかな成長や妊娠中のママのためには欠かせない栄養素のひとつです。
葉酸サプリメントを愛飲しているママも多いのではないでしょうか。
では、葉酸は出産したらもう摂らなくても良いものなのでしょうか?
答えは「NO」です。
葉酸は産後や授乳期にも必要不可欠な栄養素なのです。

葉酸を産後や授乳期にも摂るべき理由

妊娠中に葉酸が良いというのは、今や雑誌やメディアなどでも多く取り上げられており、母子手帳にも記載されていますので知っているママも多いかと思いますが、葉酸は妊娠中だけではなく、産後や授乳期にも摂るべきなのです。
それは何故なのでしょうか?

産後の身体の回復への効果

葉酸には、DNAの形成を助け細胞分裂をサポートする働きがあります。
出産という大仕事を終えた産後のママの身体は傷ついており、回復のために細胞分裂が盛んに行われますが、その時に葉酸をしっかりと摂取していると細胞分裂がスムーズに行われ子宮や体力の回復が早くなるのです。
産後はすぐに育児が始まります。
2~3時間おきの授乳や赤ちゃんの世話など体力勝負ですので、身体が早く回復するためにもしっかりと葉酸を摂りたいものです。

葉酸は産後の抜け毛に効果的

産後しばらくすると、抜け毛の増加に悩まされるママも多いかと思いますが、産後の抜け毛はホルモンの影響で起こりますのでしばらくすると自然と収まります。
とは言っても、髪の毛は女性にとって大切なものですので、急に多くなった抜け毛にショックを受けない人はいませんね。

実は葉酸には、産後の抜け毛を予防したり回復を早めるなどの効果があるのです。
葉酸は「造血ビタミン」とも呼ばれており血液を作る働きがありますので、しっかりと摂取することで血行が良くなります。
毛根に栄養を運ぶのは血液ですので、血行が良くなることで毛根にしっかりと栄養が行き渡り、抜け毛の予防や次に生えてくる髪の毛をしっかりとした物に育てる効果が期待出来るのです。

葉酸は母乳の質を上げる

葉酸に血液を作る働きがあることは既にお話しましたが、母乳は血液から作られています。
葉酸をしっかりと摂ることで良い血液が沢山作られるということは、血液が原料の母乳の質も上がるということなのです。

また、おっぱいの血行が悪いと母乳の出が悪くなります。
おっぱいマッサージで母乳の出が良くなるのは、乳腺をしっかりと通すことの他に、血行が良くなることによる効果もあるのです。
葉酸の造血作用により身体の血行が良くなることで、母乳も出やすくなるでしょう。

葉酸は産後うつの予防にも効果的

産後は、妊娠中に盛んに分泌されていた女性ホルモンが正常に戻るため、一時的に急激な女性ホルモンの減少が起こります。
それによって、ホルモンのバランスが乱れ精神的に不安定になりやすいのですが、中には産後うつにまでなってしまうママもいます。
また、産後は育児に追われストレスが溜まりやすい状態にありますので、ストレスによっても精神的に不安定になりやすいと言えるでしょう。

葉酸には、ホルモンのバランスを整える働きがありますので、しっかりと摂ることで産後うつの予防にも効果的です。
まさに産後の、女性ホルモンが急激に減少する時期にこそ、しっかりと摂るべきビタミンなのです。

授乳期に葉酸を摂ることで、赤ちゃんの発達を助ける

赤ちゃんの成長は、産まれてからも目覚ましいものがありますね。
それは細胞分裂がとても盛んに行われているからなのです。
葉酸には、細胞分裂を助けDNAを正しくコピーする働きがありますので、授乳期に摂ることで赤ちゃんの発達障害などの予防に効果的だと言われています。

葉酸を効果的に摂るには

葉酸を効果的に摂るには

葉酸は水溶性ビタミンですので、いらない分は尿などで排出されてしまうため毎日摂ることが大切です。
葉酸を毎日、効果的に摂るにはどうしたら良いのでしょうか?

厚生労働省が推奨する授乳期の葉酸摂取量

厚生労働省は授乳期に、1日に食事からの摂取に加えてサプリメントなどでプラス240ugの葉酸を摂取することを推奨しています。
1日の葉酸摂取量の上限は1000ugであり、上限を越えた量を摂取し続けることは副作用が起こる原因になりますので1000ugを越えないように飲みましょう。

葉酸はサプリメントが効果的

葉酸を食事から摂ることはもちろんとても大切なことです。
しかし実は、厚生労働省が赤ちゃんの神経官閉鎖障害などの予防のために推奨しているのは、サプリメントからの摂取なのです。
なぜなら、食事からの摂取よりもサプリメントの方が吸収率が良いからです。
食事からの摂取での吸収率が約50%なのに対し、サプリメントなどからの吸収率は約90%と高い吸収率を誇っています。
バランスの良い食事に加えて是非、葉酸サプリを摂りましょう。

産後の葉酸はいつまで必要?

産後の葉酸のママや赤ちゃんへの働きには、ママの身体の回復や産後の抜け毛予防、母乳の質の向上など様々です
特に授乳期には、ママの摂った葉酸が母乳を介して赤ちゃんに届きますので、いつまでかという質問に対しては授乳期(卒乳まで)までしっかりと摂取することをオススメします。

まとめ

葉酸は、妊娠中のみならず産後や授乳中にも葉酸をしっかりと摂ることで、赤ちゃんの健やかな成長とママの身体の回復など、ママと赤ちゃんの健やかな生活をサポートしてくれます。
毎日の栄養のバランスが整った食事に、サプリメントなどから240ugの葉酸を摂ることをオススメします。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。