now foods(ナウフーズ)の葉酸サプリの口コミ・評判

サプリメント大国アメリカの大手老舗メーカーである「ナウフーズ」は、様々なサプリメントを販売しており、葉酸サプリも作っています。
しかし、”国産では無い”と聞くと、少し不安になる人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ナウフーズの葉酸サプリ「Folic Acid +B12」について、3児のママの目線から本音でレビューしたいと思います!

now foodsの葉酸サプリメントを私が実際に試した口コミ・レビュー

now foodsの葉酸サプリ「Folic Acid +B12」を私が実際に購入して試してみました!

購入してみました!

ナウフーズの葉酸サプリは、楽天やAmazonなどのネット通販で購入することができます。
今回私は、Amazonで購入。
アメリカからの直送でしたが、1週間経たずに届きました。

届いた商品がこちら。

now foods葉酸のパッケージ

少し大きめのプラスチック製のボトルに入っています。

早速開けてみました!
開けるとしっかりと内蓋があります。

now foods葉酸の内蓋

海外製品は届くのに時間がかかるイメージがありますから、しっかりと密封されている方が安心ですよね。

内蓋を開けるとこんな感じ。

now foods葉酸を開封

開けた時に匂いはほとんどしませんでした。
驚いたのは粒の小ささです。

now foods葉酸の粒

アメリカ製のサプリメントは粒がとても大きい物が多いのですが、now foodsの葉酸サプリメントは国産のサプリメントと比べても小さく出来ています。
これは、つわりの時期にも大変飲みやすそうですね!

味や飲みやすさは?

それでは早速飲んでみます!
ナウフーズの葉酸サプリ「Folic Acid +B12」は、1日分が1粒です。

now foods葉酸の飲み方

粒が小さいのでとても飲みやすく、味も匂いもほとんどありませんでした。
1日分が1粒で良い点も、つわりの時期には嬉しいポイントです!

成分や効果は?

こちらは、now foodsの葉酸サプリ「Folic Acid +B12」の成分表示です。

now foods葉酸の成分表示

アメリカからの直送なので表示がすべて英語表記なのが少し困りましたが、「Folic Acid」とは葉酸の事です。
1日分に800ugの葉酸と、25ugのビタミンB12が配合されています。

葉酸とビタミンB12はとても相性が良く、共に赤血球を作り出す作用がありますから、一緒に摂ることで妊娠中の貧血や産後の母乳の質の向上にも効果的です。

また、厚生労働省が妊活中や妊娠中の女性に推奨している1日の葉酸摂取量が400ugですから、now foodsの葉酸サプリの葉酸配合量は十分でしょう。

>>管理人も利用した葉酸サプリはこちら。

now foodsの「Folic Acid +B12」はどんな葉酸サプリ?

now foodsの「Folic Acid +B12」はどんな葉酸サプリか

now foodsの葉酸サプリ「Folic Acid +B12」の特徴についてまとめてみました!

サプリメント大国のアメリカ産

アメリカ産と聞くと、なんとなく「大丈夫なの?」と思う人も多いかと思いますが、実はアメリカはサプリメント大国。
日本よりもサプリメントに関してはとても進んでおり、また基準も厳しいのです。

また、「Folic Acid +B12」を販売しているnow社は、2003年にマニュファクチャーオブザイヤーに輝いた優良メーカーですから、製造工程などの安全性は高いと言えるでしょう。

ベジタリアン仕様のサプリメント

nowの「Folic Acid +B12」は、ベジタリアン・ヴィーガン仕様となっています。

ベジタリアン仕様とは、動物性成分を含まない製品のことですが、動物を殺生せず手に入れることができる卵や乳製品などは使っています。

ヴィーガン仕様とは、卵や乳製品も含めた動物性成分を含まない製品の事です。

ちゃんとした工場で作られている?

now社の製品は、厳しい基準をクリアしたGMPの認定工場で作られています。
GMPとは、製品の安全性や効果を一定に保つために作られた、厳しい製造規範の事です。

添加物や成分の原料は安全?

nowの葉酸サプリ「Folic Acid +B12」の原料は、セルロース・野菜由来ステアリン酸・野菜由来ステアリン酸マグネシウムとなっています。
購入したサイトのページには「天然由来成分を原料としている」と記載がありました。

また、吸収率の良いモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)を使用しているという記載もありましたが、その葉酸の原料についての記載がありません。
海外製品でも100%天然由来のサプリメントは、葉酸が何から抽出されているのか記載があるサプリメントも多く存在します。

数ある葉酸サプリの中には、葉酸が石油系の化学物質から出来ている物も多く、妊娠中に摂り続けた場合、お腹の赤ちゃんが喘息やアレルギー疾患を引き起こすリスクを高めるとも言われています。
ですから、”配合されている葉酸の原料が何なのか”という事は、妊娠中に飲むサプリを選ぶ上でとても重要な事なのです。
その点が不明確なのは少し心配ですね。

>>管理人も利用した葉酸サプリはこちら。

now foodsの葉酸サプリメントを妊娠中に摂るメリット・デメリット

now foodsの葉酸サプリメントを妊娠中に摂るメリット・デメリット

ここまで、アメリカnow foodsの葉酸サプリ「Folic Acid +B12」について色々とお話してきましたが、ママ達が知りたいのは「結局妊娠中に飲んでも大丈夫なの?」という事ですよね。

nowの葉酸サプリを妊娠中に飲むメリットとデメリットについてご紹介します!

メリット

now foodsの葉酸サプリメントの1番のメリットは、何と言ってもコストパフォーマンスの良さでしょう!
250粒入り(約8ヶ月分)が、楽天やAmazonなどで1,000円以下で購入する事ができます。
何かと出費のかさむ妊娠中には、コストパフォーマンスの良さは嬉しいポイント。

また、厳しい基準をクリアしたGMP認定工場で作られていますので、製造工程の安全性は高いと言えるでしょう。

相乗効果の期待できるビタミンB12が一緒に摂れる点も良いと思います。

デメリット

now foodsの「Folic Acid +B12」には、1日分に800mgとたっぷりの葉酸が含まれています。
用量をしっかりと守って飲む分には問題ありませんが、飲み忘れた分を次の日にまとめて飲むような事をすると少し危険です。

なぜなら、葉酸の1日の上限摂取量は1000ug。
これを越えて摂取し続けた場合には、過剰摂取となり副作用の心配があるからです。
1粒あたり800ugもの葉酸が含まれているとなると、2粒飲めばすぐに過剰摂取になってしまいますから注意が必要でしょう。

また、葉酸の原料についての記載がない点や、妊娠中に必要な鉄分やカルシウムが配合されていない点は残念です。

>>管理人も利用した葉酸サプリはこちら。

now foods(ナウフーズ)のまとめ

アメリカの大手サプリメントメーカー「now foods」が販売する「Folic Acid +B12」は、コストパフォーマンスが抜群で、たっぷりの葉酸とビタミンB12が配合されているサプリ。
厳しい基準をクリアしたGMP認定工場で作られていますから、製造工程での安全性は高いでしょう。

しかし、肝心の葉酸の原料が何なのかという記載がない点や、2粒で過剰摂取になり得る点が少し心配です。

もちろん、悪い製品ではありませんし、自身の栄養補給のために飲む分には問題ありませんが、妊活中や妊娠中に毎日飲む物としては、葉酸の原料の記載がしっかりとされている製品の方が安心では無いかと思います。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  2. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。