葉酸と海苔

妊娠中にしっかりと摂る事で、お腹の赤ちゃんの正常な発達を助ける「葉酸」。
近年は妊娠中だけでは無く、大腸がんの予防などにも効果的だと言う事で話題になっているようです。

ほうれん草やブロッコリー、うなぎやレバーなど葉酸を含む食品は数多くありますが、実は日本人の食文化に欠かせない「海苔」にも葉酸は豊富に含まれています。
海苔は、現在食用とされている海藻類の中で最も栄養価が高いと言われており、葉酸だけでは無く妊娠中に嬉しい効果がたっぷりと詰まった食品なのです。

今回は、そんな葉酸も摂れる海苔が妊娠中に与える効果・効能について詳しくお話したいと思います。

海苔は葉酸も摂れる栄養豊富な食品

海苔には、葉酸を始め様々な栄養素が豊富に含まれています。
そのまますぐに食べられるのはもちろん、どんな料理にも加えやすく、妊娠中にも手軽に葉酸を摂る事が出来るのが嬉しいポイントです。

海苔の葉酸含有量は?

焼き海苔には、100g当たり1900ugもの葉酸が含まれています。
海苔を100g食べると言うのはあまり現実的ではありませんが、焼き海苔1枚に換算すると約57ug、これはほうれん草約80g程に当たり、他の食品に比べても葉酸含有量はとても高いのです。

海苔は効率的に葉酸が摂れる食品

水溶性ビタミンである葉酸は水洗いや加熱に弱い性質を持つため、調理過程においてその多くが失われてしまいます。
しかし、海苔は加熱も水洗いも必要ありませんから葉酸が失われにくく、野菜や肉よりも効率的に葉酸を摂る事が可能なのです。 

海苔は葉酸だけじゃない!妊娠中にオススメな理由

海苔は葉酸だけじゃない!妊娠中にオススメな理由

海苔が妊婦さんにオススメな理由は葉酸だけではありません。
海苔に含まれる栄養素は、妊娠中のママや赤ちゃんにとって、様々な嬉しい効果をもたらしてくれるのです。

海苔の葉酸と鉄分・ビタミンB12で貧血予防

葉酸には、血液を作り出す「造血作用」があります。
しかし、実は葉酸だけでは血液を作り出す事は出来ません。

葉酸に鉄分とビタミンB12が加わって、初めて血液を作る事が出来るのです。
海苔には、葉酸・鉄分・ビタミンB12の全てがバランス良く含まれており、妊娠中に陥りやすい「貧血」の予防に効果的と言えます。

海苔には葉酸の吸収を助ける栄養素が豊富

海苔には、葉酸の吸収や働きを助けるビタミンCやビタミンB6等が含まれています。
これらの栄養素と共に摂る事で、葉酸の効果はより引き出されるのです。

特に、葉酸の働きが重要となる妊娠初期には海苔は、とてもオススメの食品と言えます。

海苔に含まれるビタミンAは免疫力を高める

海苔には、免疫力を高めるビタミンAが豊富に含まれています。

妊娠中は免疫力が下がり風邪等を引きやすくなる上に飲めない薬も多いため、ビタミンAは進んで摂りたい栄養素のひとつ。
しかし、ビタミンAは妊娠初期に摂り過ぎると、お腹の赤ちゃんの奇形を引き起こす原因になるため、注意が必要な栄養素でもあります。

海苔に含まれるビタミンAは、過剰摂取の心配の無いカロテンですから、妊娠中にも安心して摂る事が出来るのです。

海苔にはカルシウムも豊富

妊娠中に不足しがちな栄養素と言えばカルシウムです。
海苔には、実はカルシウムも豊富に含まれています。

カルシウム等の栄養素は赤ちゃんに優先的に送られますから、不足するとママの身体に影響が出てしまいがち。
“妊娠して歯や爪の調子が悪くなった”と言う話を聞いたことがある人もいるのでは無いでしょうか。

赤ちゃんのための葉酸と一緒に妊娠中に不足しがちなカルシウムも摂れる海苔は、妊娠中の女性にオススメの食品なのです。

海苔はカロリーが低く、太りにくい

海苔が妊娠中に向いている理由の一つが”カロリーが低い”と言う事です。
妊娠中は、高血圧や難産を防ぐため体重管理をしっかりとしなくてはならないのにも関わらず、太りやすい時期でもあります。

おやつや間食を海苔にする事で、葉酸も摂れ体重の増加を防ぐ事もできるでしょう。
ただし、味付け海苔や海苔の佃煮には塩分が含まれており、食べ過ぎるとむくみや高血圧の原因になります。
妊娠中には、焼き海苔をそのまま食べるのがオススメです。

海苔で妊娠中に必要な葉酸量は摂れる?

海苔で妊娠中に必要な葉酸量は摂れるのか

ここまで、葉酸も摂れる海苔の凄い効果や効能についてお話してきましたが、妊娠中に必要な葉酸量は海苔だけで補えるのでしょうか。

厚生労働省が妊活中や妊娠中の女性に推奨している1日の葉酸摂取量は、400ugとなっています。
しかし、実は海苔などの食品に含まれる「ポリグルタミン酸型葉酸」の体内吸収率は約50%と低く、毎日の食事だけでは妊娠中に十分な葉酸量をまかなう事は難しいと言われているのです。

海苔に含まれる栄養素は妊娠中に多くを摂っても問題の無い物ばかりですが、焼き海苔は消化に悪く食べ過ぎると下痢を引き起こす原因にもなります。
妊娠初期に下痢を繰り返す事は子宮にとって刺激にもなりますから、海苔等の消化に良くない物の食べ過ぎには注意が必要なのです。

海苔で足りない分は葉酸サプリで補うのがオススメ

葉酸を食品から摂る事は理想的です。
しかし、妊娠中にお腹の赤ちゃんの正常な発達を助けるためには、しっかりと推奨量の葉酸を摂る事が大切。

そこで、厚生労働省も推奨しているのが葉酸サプリです。
サプリメントに配合されている「モノグルタミン酸型葉酸」は、吸収率が約90%と高く確実に葉酸を摂る事が出来ます。

ただし、数ある葉酸サプリの中には妊娠中に避けた方が良い成分や添加物が使用されている物も多いため、何でも良いと言う訳ではありません。
妊娠中にも安心して飲む事が出来る、安全性の高い葉酸サプリを選ぶ事が大切なのです。

葉酸と海苔についてのまとめ

葉酸と海苔についてのまとめ

海苔には、100g当たり1900ugもの豊富な葉酸が含まれています。 
また、海苔に含まれるビタミンやミネラルには、貧血や免疫力の低下など、妊娠中に多くのママ達が悩まされるトラブルの予防に効果的なのです。

カロリーも低く、手軽に葉酸等の栄養素が摂れる海苔ですが、残念ながら海苔だけでは妊娠中に必要な量の葉酸を摂る事は難しいと言えます。
毎日のバランスの取れた食事に海苔をプラスし、足りない分は吸収率の良い葉酸サプリで補う事がオススメです。

当サイトでは、妊娠中に安心して飲む事が出来る安全性の高い葉酸サプリメントについてご紹介しています。
是非参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。