妊活と年齢

「赤ちゃんが欲しいな」と思う時期は人それぞれ。
近年は晩婚化に伴い、高齢出産も増えています。

しかし、やはり妊活をしようと思った時、自身の年齢は気になるものでは無いでしょうか。
確かに年齢を重ねるにつれ、妊活成功率は下がるというデータがあります。

また、35歳以上では無事に赤ちゃんを授かった場合にも、高齢出産となるでしょう。
ならば、妊活の年齢制限のようなものはあるのでしょうか。

そこで今回は、妊活に年齢制限はあるのか、そして30代以降の妊活を成功させるポイントについて詳しくお話したいと思います。

年齢層別の妊活成功率はどれくらい?

あるデータによれば、20歳から30歳の妊娠率が25%~30%なのに対して、30代後半になると10%~18%と10%以上も下がる事が分かっています。
40歳ではわずか5%。

しかし、これは排卵日付近に子作りを行った場合の1回あたりの妊娠成功率です。
実際に40歳前後で無事に妊娠、出産をしている人は沢山いますし、50代で出産をした芸能人もいますよね。

年齢を重ねるにつれ妊娠率が下がる事は確かですが、それだけで妊活を諦める必要は無いでしょう。

なぜ年齢を重ねると妊活の効果が出にくいの?

年齢を重ねると共に妊娠率が下がるのには、生活習慣や環境など様々な原因が考えられます。
中でも、「卵子の老化」「女性ホルモンの減少」「ホルモンバランスの乱れ」が大きく関わっているでしょう。

日々新しく作り出される「精子」とは異なり、「卵子」は女性が産まれた時には一生分を持っています。
ですから、様々な原因により卵子は老化してしまうのです。

また、年齢を重ねるにつれ女性ホルモンが減少したり、ホルモンバランスが乱れる事があります。
それにより、子宮の環境が整いづらくなり、着床しにくくなる事も妊娠率が下がる原因の一つと考えられるでしょう。

男性も年齢によって妊活成功率は違うの?

“男性はいくつになっても子供が出来る”と思われがちですよね。
50代や60代で子供を授かってる男性芸能人も沢山見かけます。

しかし、実は男性の生殖機能も、年齢と共に老化をする事が近年様々な研究により分かってきました。
35歳~40歳を境に、精子を作る機能が低下すると言われているのです。

受精する力の低い”元気の無い精子”や、”染色体異常を持つ精子”が作られるリスクが高まります。
赤ちゃんの染色体異常は女性側が原因だと思われがちですが、精子に異常がある場合もあるのです。

妊活を”女性の役割”と考えず、パートナーである男性も自身の身体を見直し、一緒に取り組む事が重要でしょう。

男性の妊活については、こちらの記事でも解説しています。
⇒「なぜ男性にも葉酸が必要なの?効果・効能や正しい飲み方も解説

妊活に年齢制限は無いが様々なリスクは上がる

妊活に年齢制限は無いが様々なリスクは上がる

様々なデータはありますが、結論から申し上げますと妊活に明確な年齢制限はありません。
40歳前後で元気な赤ちゃんを出産している女性は沢山いますし、稀ですが50代で出産した女性もいます。

しかし、やはり”高齢出産”のリスクというのは考えなければなりません。

高い年齢での妊活は流産のリスクが上がる

先ほど”年齢と共に卵子が老化する”と言うお話をさせて頂きました。
卵子が老化する事により引き起こされる可能性があるのが、「染色体異常」や「先天性奇形」です。

実は初期流産の原因の多くは、受精卵の奇形にあります。
ですから、卵子の質が低下しやすい高齢での妊娠ほど、初期流産のリスクも高まるのです。

ダウン症などの染色体異常のリスクは年齢と共に上がる

加齢による卵子の老化や質の低下は、染色体異常のリスクも高めます。
そして、お腹の赤ちゃんがダウン症などを引き起こすリスクも高くなるのです。

ダウン症は一定の確率で引き起こされるものだと言われています。
しかし、母体が20歳で引き起こされる確率が1667分の1なのに対して、30歳では952分の1、35歳では385分の1、45歳では30分の1と、やはり年齢を重ねる毎に高まるのです。

染色体異常の原因は卵子の老化だけではありません。
しかし、高齢出産を考えている場合にはこのリスクを踏まえ、自身の身体や生活習慣などを見直す事が大切でしょう。

妊活の年齢が高いほど難産になりやすい

妊活を始めた年齢が高く、高齢出産になればなるほど難産のリスクも高まります。
子宮口や産道が硬くなり、お産に時間がかかる場合が多いのです。

また、高齢出産では微弱陣痛にもなりやすいため、緊急帝王切開になる可能性もやや高くなるでしょう。

妊活の年齢と共に妊娠高血圧症候群になりやすくなる

一昔前まで、「妊娠中毒症」の呼ばれていた「妊娠高血圧症候群」。
どの年齢層でもなる可能性はありますが、歳を重ねる毎にそのリスクは高まるのです。

妊娠高血圧症候群は、高血圧やむくみ、めまいなどの症状を伴います。
重症化した場合には、甲状腺機能障害や糖尿病などを合併する事もありますから注意が必要です。

また、胎盤が上手く働かない事により、お腹の赤ちゃんが「発育不全」や「機能不全」に陥る事もあるため、なるべく避けたい病気の一つでしょう。

年齢を重ねても妊活を成功させるには葉酸がオススメ

年齢を重ねても妊活を成功させるには葉酸がオススメ

年齢を重ねる毎に、不安やリスクも伴う妊活ですが、”赤ちゃんが欲しい”と思うのは素晴らしい事。
年齢を理由に諦めたくは無いものです。

妊活にとって必要な栄養素は数多く存在します。
しかし、中でも”高齢出産”と呼ばれる世代の女性にオススメしたいのが「葉酸」です。

葉酸には、30代からの妊活や出産のリスクに立ち向かう為の様々な効果が期待出来ます。

年齢を重ねても妊活を成功させるのになぜ葉酸が良いの?

“赤ちゃんのための栄養素”として知られる「葉酸」。
実は妊活をサポートする働きもあります。

妊活に良いとされる葉酸の働きは、主に「血液を作り出す事」と 「細胞分裂を助ける事」 でしょう。
葉酸により良質な血液が作り出されると、卵巣や子宮の働きが活発になります。

すると女性ホルモンの分泌が正常になり、子宮の環境が良くなるのです。
また、葉酸は細胞分裂を助ける働きにより卵子の老化を防ぎます。

そして、染色体異常や先天性奇形を防ぎ、正常な妊娠の継続をサポートするのです。

葉酸の高齢出産に対する効果については、こちらの記事でより詳しく解説しています。
⇒「35歳からの6つの高齢出産リスクを下げる葉酸の摂り方」 

葉酸はサプリメントから摂るのがオススメ

葉酸は、野菜や果物、肉や魚介類など様々な食品に含まれる栄養素です。
しかし、水溶性ビタミンの仲間である葉酸は、水や熱に弱い性質を持っています。

ですから、食材を水洗いや加熱調理する過程でその多くが失われてしまうのです。
また、食品に含まれる葉酸の体内吸収率は約50%と高くありません。

そこで、厚生労働省も推奨しているのが葉酸サプリメントです。
サプリに配合されている葉酸は、吸収率が約90%と高く確実に摂る事が出来ます。

しかし、葉酸サプリと一口に言ってもその種類も価格も様々ですよね。
妊活中から安心して飲むことが出来る葉酸サプリの選び方については、こちらの記事をご覧下さい。
⇒「妊娠中に選ぶべき安全な葉酸サプリとは?

妊活と年齢についてのまとめ

妊活と年齢についてのまとめ

妊活をするのに明確な年齢制限はありません。
しかし、 妊活や出産は年齢を重ねるにつれて少しずつ難しくなり、リスクも伴うのが現実。 

そんな、30代からの妊活や高齢出産の強い味方が「葉酸」です。
葉酸の持つ働きには、妊活をサポートする効果や、高齢出産のリスクを低減する効果が期待出来ます。

毎日の食事に加え、吸収率の高いサプリメント等で葉酸を補いましょう。
当サイトでは、妊活中から安心して飲むことが出来る葉酸サプリメントについてご紹介しています。
是非、参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。