妊活のダイエット

妊活中でも、ダイエットをしたいと思う事はありますよね。
女性として綺麗でいたいという思いはもちろん、健康の為に痩せたいと思う事も。

しかし、ダイエットをして痩せる事は、妊活にとって良いのかどうかと迷う人もいる事でしょう。
そこで今回は、妊活中のダイエットについて詳しくお話したいと思います。

太り過ぎと感じる人は妊活中のダイエットは効果的

妊活中にダイエットをする事は、何だか良く無いような気がしますよね。
しかし、太り過ぎている人にとっては、むしろ妊活に良いのです。

妊活中に太り過ぎていると妊娠しにくい

実は、太り過ぎていると妊活の成功率が下がります。
自分が太り過ぎているかどうかは、体脂肪率やBMI値で確認しましょう。

体脂肪率については、女性は30%を越えると妊娠しにくいと言われています。
ホルモンバランスが乱れやすく、排卵障害などを引き起こしやすいからです。

「BMI値」とは、WHOが定めた肥満判定の国際基準のこと。
女性が妊娠しやすいと言われているBMI値は18.5~24です。

25を超えると「肥満」とされており、妊娠率が下がります。
BMI値の求め方は次の通りです。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

肥満は妊活の妨げになるだけでは無く、無事妊娠に至った場合にも高血圧や難産等の様々なリスクの原因となります。
まずは自分の体脂肪率やBMIを正しく知ることから始めましょう。

妊活中にダイエットをすることで妊娠率が上がる

妊活中、正しくダイエットをし標準的な体重や体脂肪率になると、妊娠しやすくなると言われています。
肥満により低下していた卵巣機能が戻る事により、女性ホルモンが正しく分泌される様になるからです。

妊娠に備えて排卵を促したり、子宮内膜を強化するのは女性ホルモン。
適正体重になる事で、妊娠しやすい身体へと整うのです。

妊活中の過度なダイエットはオススメできない

妊活中の過度なダイエットはオススメできない

ダイエットによって痩せる事で妊活への効果が期待出来るのは、あくまで”肥満傾向にある人”です。
もともと標準的な体型や体脂肪の人が、妊活中に過度なダイエットをする事はオススメ出来ません。

妊活中のダイエットにより痩せ過ぎると妊娠しにくい

肥満は不妊の原因になりますが、逆に痩せ過ぎも妊娠率を下げる原因の一つ。
BMI値が18.5未満は「痩せ過ぎ」とされ、妊娠しにくいと言われています。

痩せ過ぎは太り過ぎと同様、排卵障害や月経不順を引き起こしやすいのです。
ですから、元々標準的な体型の人に関しては、妊活中に体重が著しく落ちる程のダイエットをする事はオススメできません。

それでもダイエットがしたい場合には、体重を落とす事では無く”健康的な身体”を目指しましょう。
オススメのダイエット方法については、後程詳しくお話をします。

妊活中の食べないダイエットは危険

妊活中のダイエットは時として効果的。
しかし、食べずに体重を落とすダイエットについてはオススメ出来ません。

妊活中のママの身体の栄養状態は、妊娠後お腹の赤ちゃんに大きく影響します。
特にカルシウムや鉄分、葉酸などに関しては、妊娠前からしっかりと摂る事が重要なのです。

妊娠初期の葉酸の欠乏は、お腹の赤ちゃんの先天性奇形の原因にもなります。
ですから、妊活中のダイエットについては”安全な方法”で行う事が重要なのです。

妊活中に安全にダイエットをするポイント

妊活中に安全にダイエットをするポイント

妊活中のダイエットは、妊娠した時に備えて安全に行う事が大切。
方法さえ間違えなければ、妊活にも効果的なのです。

妊活中は食事を見直すダイエットを

妊活中のダイエットの1番のポイントとは、”食事を見直す”事。
食べずに痩せるのでは無く、食べる物を選ぶのです。

妊活に必要な栄養素はしっかりと摂りつつ、カロリーを控えるメニューにしましょう。
例えば、高タンパクで低カロリーな魚や大豆製品はオススメ。

こんにゃくや野菜で”かさ増し”するのも良いでしょう。
また、調理法については揚げるよりも焼く、蒸す等の工夫をする事でカロリーを抑える事が出来ます。

最近注目されているのが”食べる順番”。
カロリーの低い物や生の物を先に食べる事で、糖質や脂の吸収を緩やかに出来ると言われています。

この効果を簡単に出せるのが「酵素ドリンク」です。
毎日の食事に栄養補助食品を加えるのも一つの手段でしょう。

妊活中はダイエットに運動を取り入れて身体を温めよう

妊娠中とは違い、妊活中は運動の制限はほとんどありません。
普段運動不足な人は、運動を取り入れる事によって代謝が上がるだけで無く、血行が良くなり身体が温まるのです。

身体が温まり冷えが改善される事は、妊活にとってとても良い事。
激しい運動が苦手な人は、ヨガやストレッチをするだけでも効果的でしょう。

ダイエット中も妊活中に必要な栄養素はしっかり摂ろう

妊活中のダイエットで気を付けたいのが「栄養不足」。
妊活中の栄養素の欠乏は、妊娠初期の胎児の成長に関わりますから注意が必要です。

妊娠初期に必要な栄養素には様々な物が挙げられます。
中でも特に「葉酸」は、お腹の赤ちゃんの先天性奇形のリスクに関わる栄養素。

厚生労働省も、妊活中から葉酸が欠乏しない様に注意をする事が重要だと勧告しています。
また、血液を作るのに必要な「鉄分」や、胎児の骨や歯の形成に関わる「カルシウム」についても、妊活中から欠乏しないように注意をしましょう。

そのためには、野菜や果物、魚や肉など、様々な食品をバランス良く摂るが大切です。

妊活中のダイエットにはしっかりと睡眠を取るのも効果的

妊活中のダイエットに効果的なのが「質の良い睡眠を取る事」です。
私たち人間は、寝ている間も意外と多くのカロリーを消費しています。

また、しっかりと睡眠を取る事により自律神経やホルモンバランスが整い、妊活にも効果的なのです。
睡眠の質を上げるには、毎日決まった時間に寝起きする事が効果的。

寝る前にカロリーを摂取しない事や、本を読んだりケータイを見たりと言った交感神経を刺激しない事もポイントです。

妊活中のダイエットに葉酸サプリがオススメ

妊活中のダイエットに葉酸サプリがオススメ

妊活中のダイエットにオススメなのが「葉酸サプリメント」です。
そもそも葉酸は、妊活中からしっかりと摂取する事が推奨されています。

しかしそれだけでは無く、実は葉酸には代謝を良くする働きがあり、ダイエットの効果も期待出来るのです。
また、葉酸サプリメントには妊活中に必要な「鉄分」や「カルシウム」、その他の栄養素も豊富に含まれています。

つまり妊活中に葉酸サプリメントを飲む事で、ダイエットの効果が期待出来るだけでなく、妊活にも効果的なのです。

葉酸のダイエットへの効果や、妊活への効果については、こちらの記事をご覧下さい。 
⇒「葉酸サプリがダイエットにも効果があるってホント?
⇒「葉酸は卵子の質を上げる?妊活にも葉酸サプリを!

妊活中のダイエットのまとめ

妊活中のダイエットのまとめ

妊活中に痩せてしまう程の過度なダイエットはオススメ出来ません。
しかし、元々肥満体型の人にとっては逆に効果的です。

妊活中のダイエットのポイントは、必要な栄養素をしっかりと摂りながらカロリーを抑え、健康的な身体を作る事。
食べないダイエットでは無く、食事や運動、睡眠などを見直しましょう。

妊活中に必要な栄養素をしっかりと摂りながら、ダイエットにも効果的なのが葉酸サプリメントです。
ただし、妊娠に至った時の事を考えて安全性の高い物を選びましょう。

当サイトでは、妊活中から安心して飲む事が出来る安全性の高い葉酸サプリメントについてご紹介しています。
是非、参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。