妊活とカフェイン

妊娠中に良くないと言われる物の1つに、コーヒーが挙げられます。
それはコーヒーに含まれる「カフェイン」がお腹の赤ちゃんの成長に良くないと言われているから。

では、妊活中はどうなのでしょうか。
コーヒーや紅茶が好きで、息抜きのひとつとなっている人もいますよね。

そこで今回は、妊活中のカフェインの摂取について詳しくお話したいと思います。

妊活中のカフェインは摂り過ぎなければOK

結論から申し上げますと、妊活中だからと言って”カフェイン断ち”をする必要は無いでしょう。
過剰摂取をしなければ影響は無いと言えます。

具体的にどれくらいなら大丈夫なのか、詳しく見ていきましょう。

妊活中や妊娠中に大丈夫なカフェイン摂取量は?

妊活中のカフェインの摂取で気になるのは、妊娠した際の赤ちゃんへの影響では無いでしょうか。
WHOは、妊婦のコーヒー摂取量を1日3~4杯までとしています。

私が実際に妊娠中にお世話になった産婦人科の医師は、”妊娠中でも1日2~3杯程度ならコーヒーを飲んでも大丈夫”と言っていました。
その他、妊娠中のカフェインの摂取に関しては、諸外国において様々な見解があります。

以上の事を踏まえると、妊活中には1日2~3杯のコーヒーに相当するカフェイン量なら摂取しても大丈夫でしょう。

妊活中や妊娠中にカフェインを摂り過ぎるとどうなる?

妊活中や妊娠中、摂り過ぎなければ問題は無いとされるカフェイン。
しかし、過剰摂取をする事は危険です。

カフェインの大量摂取は睡眠に影響を及ぼし、自立神経やホルモンバランスを乱します。
“寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなる”と言うのは本当なのです。

カフェインには身体を冷やす作用もあり、摂り過ぎると生理痛の悪化にも繋がります。
ホルモンバランスの乱れや身体の冷えは、妊活に良く無いのです。

そして、妊娠中のカフェインの過剰摂取は胎児の成長を阻害し、流産や低出生体重児のリスクを高めます。
また、カフェインの利尿作用により鉄分やカルシウムが排出されてしまう事は、妊活中にも妊娠中にも悪影響でしょう。

気になる人はカフェインレスコーヒーや紅茶を

妊活中、1日に2~3杯のコーヒーや紅茶なら問題は無いと思われますが、気になる人にはカフェインレスの物をオススメします。
少々お値段が張る物もありますが、妊活中や妊娠中でも安心して飲めるのは嬉しいものですよね。

また、紅茶が好きな人にはノンカフェインのルイボスティーもオススメ。
ルイボスティーには強い抗酸化作用があり、近年妊活や美肌への効果も期待されているのです。

カフェインレスコーヒーや紅茶、ルイボスティーは、ネット通販やドラッグストア、スーパーやマタニティ用品専門的など様々な所で購入する事が出来ます。

妊活中は男性もカフェインを控えるべき?

妊活中、パートナーである男性もカフェインの摂取に気を付けるべきなのでしょうか。
男性のカフェイン摂取における妊活への影響については、様々な研究が行われています。

しかし、未だハッキリとは解明されていないのです。
中には、妊活中に男性がカフェインを過剰摂取する事により、精子の質が下がったり流産のリスクが上がると言った報告もされています。

もちろん”影響が無い”と言う見解もありますが、身体を冷やす作用のあるカフェインの過剰摂取は、男性の妊活にとっても良くありません。
ですから、男性も妊活中にはカフェインを摂り過ぎない様に気をつけるのが安心でしょう。

妊活中の過剰摂取が良くないのはコーヒーだけじゃない

妊活中の過剰摂取が良くないのはコーヒーだけじゃない

妊活中、過剰摂取に気をつけなければならないのはコーヒーだけではありません。
カフェインはコーヒーや紅茶以外にも、様々な物に含まれているのです。

カフェインを含む飲み物

カフェインを含む飲料はコーヒー以外にも数多くあります。
中でも含有量の多い物をまとめてみました。

種類 カフェイン含有量
インスタントコーヒー 約60mg
緑茶(煎茶) 約20ml
緑茶(ほうじ茶) 約20ml
緑茶(玉露) 約120ml
紅茶 約30ml
コーラ 約10ml

(100mlあたりのカフェイン含有量)

ご覧のとおり、緑茶の中でも「玉露」にはインスタントコーヒーの2倍以上のカフェインが含まれています。
ですから、妊活中に緑茶を飲みたい時には、玉露は避けた方が良いでしょう。

また、普段見落としがちなのが「コーラ」。
コーヒーや玉露ほどではありませんが、コーラにもカフェインが含まれているのです。

コーヒーや紅茶を2~3杯に留めたとしても、その他のカフェインを含む飲料を飲み過ぎれば、過剰摂取となる可能性があります。
どんな物にカフェインが含まれているのかを知り、摂り過ぎない様にバランス良く飲みましょう。

妊活中はカフェインだけじゃなくアルコールにも注意を

妊活中の過剰摂取について気を付けなければならない飲み物には、アルコールも挙げられます。
アルコールにもカフェイン同様、身体を冷やす作用があり妊活中には良くありません。

また、アルコールは妊娠中に必要な葉酸等の栄養素の吸収を阻害する作用があります。
妊娠初期のアルコールの過剰摂取は、胎児の成長にも影響を及ぼし流産のリスクも高めるのです。

お酒が好きな人にとっては、飲酒はストレス発散の一つとなっている事でしょう。
ですから、”アルコール断ち”をする必要ほありませんが、妊活中は飲み過ぎずほどほどの量に留めておく事が大切です。

妊活中にカフェインを摂りたい人は食事に工夫を

妊活中にカフェインを摂りたい人は食事に工夫を

妊活中にコーヒーや紅茶を飲みたいけれど、妊活への影響も心配。
そんな人は、食事などで工夫をすると良いでしょう。

妊活中にカフェインを摂ったら身体を温める物を食べよう

身体を冷やす作用を持つカフェインを摂取したら、身体を温めてくれる物を食べましょう。
生姜やにんにく、根菜やねぎ類には血行を良くし身体を温める作用があります。

また、スープやシチュー等の温かいまま食べられるメニューにするのもオススメです。
身体が温まる事で、卵巣や子宮の働きが良くなり、ホルモンバランスが整いやすくなります。

鉄分やカルシウムを食事で補おう

妊活中や妊娠中に必要な、鉄分やカルシウムを排出してしまう作用を持つカフェイン。
コーヒーや紅茶などでカフェインを摂った時には、食事などでそれらの栄養素を補うと良いでしょう。

鉄分やカルシウムは様々な食品に含まれています。
しかし、2つを同時に摂る事が出来るシジミやはまぐり、ひじき、小松菜やほうれん草などは特にオススメです。

また、最近注目されている鉄分入りの牛乳なども効果的でしょう。

カフェインのデメリットを補ってくれるのが葉酸

カフェインによる妊活へのデメリットを補ってくれる栄養素が「葉酸」です。
葉酸には、自律神経やホルモンバランスを整える働きがあり、妊活にも効果的とされています。

また、葉酸の造血作用によって血行が良くなると、身体が温まり子宮や卵巣の働きも活発になるのです。
そして、葉酸は妊娠した際にも必要不可欠な栄養素。

妊娠初期にしっかりと摂る事で、胎児の神経管閉鎖障害などの先天性奇形のリスクを約70%低減する事が明らかになっています。
厚生労働省も、妊活中から1日400ugの葉酸を摂る事を推奨しているのです。

しかし、葉酸は食品からの吸収率が良くない為、毎日の食事だけでは十分に補えません。
そこでオススメなのが葉酸サプリメント。

サプリに配合されている葉酸は、吸収率が約90%と高く確実に摂る事が出来るのです。
妊婦さん向けに作られた葉酸サプリには、鉄分やカルシウムも配合されていますから、カフェインを摂取した際にも効果的でしょう。

葉酸の妊活への効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
⇒「葉酸は卵子の質を上げる?妊活にも葉酸サプリを!

妊活中とカフェインについてのまとめ

妊活中とカフェインについてのまとめ

妊活中のカフェインの摂取については、摂り過ぎなければ影響はほとんど無いとされています。
コーヒーなら1日2~3杯程度を目安にすると良いでしょう。

しかし、過剰摂取には気を付けなければなりません。
カフェインの持つ様々な作用により、妊活の妨げになる事があるのです。

また、妊娠中のカフェインの過剰摂取はお腹の赤ちゃんの成長を阻害し、流産のリスクを高めます。
妊活中から過剰摂取には注意をしましょう。

カフェインの持つ様々な副作用を和らげてくれるのが「葉酸」です。
確実に摂るには吸収率の良いサプリメントがオススメ。

葉酸サプリは妊活や妊娠に良いのはもちろん、カフェインによって排出されてしまった栄養素を補給するのにも向いています。
当サイトでは、妊活中から安心して飲む事が出来る葉酸サプリメントについてご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。