なぜ妊娠前や妊婦さんに葉酸が必要なのか

厚生労働省は、妊活中や妊娠中の女性に対して、1日400ugの葉酸を摂るようにと推奨しており、2000年からは母子手帳にも記載されるようになりました。
それを機に、雑誌やテレビ等のメディアでも、妊娠中の葉酸の大切さについて多く取り上げられるようになり、葉酸サプリメントも様々なメーカーから販売されています。

ではなぜ、妊娠前から妊娠中にかけて葉酸が必要なのでしょうか。

葉酸は妊娠前から妊娠初期が一番必要

妊娠にとって必要不可欠な葉酸ですが、実は葉酸を最も必要のする時期が「妊娠超初期」や「妊娠初期」なのです。

葉酸は妊娠前から摂る事で胎児の先天性奇形を防ぐ

葉酸は、妊娠初期の赤ちゃんの脳や脊髄が作られる時期にしっかりと摂る事で、二分脊椎や無脳症等の神経管閉鎖障害の発症を約70%防ぐと言われています。

これが厚生労働省が、妊婦さんに葉酸を推奨している1番の理由でしょう。
ですから、妊娠初期に葉酸をしっかりと摂る事が大切なのです。

しかし、妊娠が分かる時期と言うのは、一般的にどんなに早くても既に妊娠2~3ヶ月に入っていますよね。
その頃には、既にお腹の中で赤ちゃんの脳や脊髄を作り始めています。
ですから、妊娠が分かる前からしっかりと葉酸を摂る事が大切なのです。

妊娠前から葉酸を摂る事で妊活効果が上がる

葉酸は、妊活にとっても効果的な成分です。
葉酸には、卵子の老化を防ぎ質を保つ働きや、子宮内膜を強化し、着床しやすくする働きがあります。
また、ホルモンバランスを整え卵巣の働きも良くする等の妊活にとって嬉しい様々な効果が期待できるのです。

葉酸の妊活への効果については、こちらの記事で詳しくお話しています。
⇒「葉酸は卵子の質を上げる?妊活にも葉酸サプリを!

葉酸を妊娠前から摂る事で正常な妊娠の継続をサポートする

葉酸には、DNAの形成を助ける働きがあり、細胞分裂の際に遺伝子情報が正しくコピーされるのをサポートします。
それにより、受精卵の染色体異常を防いでくれるのです。

初期の流産の大きな理由の一つが、染色体異常だと言われています。
葉酸をしっかりと摂る事により、染色体異常が原因で引き起こされる流産を予防することが出来るのです。

また、葉酸には子宮内膜を強化する働きもあり、着床した受精卵をしっかりと守る働きをしてくれます。
このように、葉酸を妊娠前からしっかりと摂る事により、正常な妊娠の継続をサポートしてくれるでしょう。

葉酸は妊婦さん自身の身体にも必要

葉酸は妊婦さん自身の身体にも必要

妊娠にとって必要な栄養素である葉酸ですが、赤ちゃんだけではなく、ママ自身の身体にとっても大切な栄養素です。

葉酸を妊娠前から摂る事でママの体調が整う

妊娠中は、ホルモンの影響等により様々な体調の変化に戸惑うものです。
特に、つわりに関しては個人差はあるものの、重い人では何ヵ月もの間食べる事もままならない場合もあり、本人にとってはとても辛い時期と言えるでしょう。

葉酸を始めとするビタミンB群には、ホルモンのバランスを整え、つわりを軽減させる効果が期待できます。

また、妊娠中に多くのママが悩まされるのが貧血ですよね。
葉酸には血液を作る作用があり、妊娠中の辛い貧血の改善に効果的なのです。

このように、葉酸を妊娠前から摂る事で、妊娠初期から起こり得る体調不良の予防や緩和に効果的と言えるでしょう。

葉酸のつわりや貧血への改善効果については、こちらの記事で詳しくお話しています。
⇒「葉酸サプリでつわりが軽減するって嘘?本当?
⇒「貧血体質の女性・妊婦にこそ葉酸がオススメ!

葉酸は産後のママの身体の回復を助ける

産後のママの身体は、傷を癒そうと細胞分裂を活発に行います。
また、身体を元に戻そうとする働きからホルモンの分泌が変化することで、心身共に様々な症状が引き起こされる事が考えられるでしょう。

葉酸のDNAを形成する働きは細胞分裂を助け、産後のママの身体の回復をサポートしてくれます。
そして、ホルモンバランスを整える事により、産後の鬱や自律神経失調症等の心的な症状をも予防してくれるのです。

葉酸は産後、母乳の質を上げる

産後、ママとして一番の身体の変化と言えば、母乳が出るようになるという事では無いでしょうか。
出来る事なら良質な母乳をたっぷりと我が子に飲ませたいと、多くのママが思う事でしょう。

母乳は血液から作られています。
葉酸の造血作用により新しい血液がたっぷりと作られる事は、母乳の質を上げ、出を良くすることに繋がるのです。

葉酸と母乳の関係については、こちらの記事を参考にしてみて下さい。
⇒「母乳などのために葉酸を産後や授乳期に摂ろう

妊娠前や妊娠中に葉酸をサプリで摂るメリット

妊娠前や妊娠中に葉酸をサプリで摂るメリット

葉酸を含む食品は数多く存在します。
しかし、食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸の体内吸収率は約50%と高くありません。

一方、サプリメント等に配合されるモノグルタミン酸型葉酸の吸収率は約90%を誇っています。
また、胎児の神経管閉鎖障害を予防する効果が期待出来るのは、ポリグルタミン酸型葉酸ではなく、モノグルタミン酸型葉酸なのです。

妊娠中に必要と言われる葉酸は、1日に400ug。
妊娠初期の葉酸の欠乏は、お腹の赤ちゃんの健康に大きく関わります。
ですから、妊娠前から吸収率の良いサプリメント等で葉酸を摂取する事が、厚生労働省からも推奨されているのです。

モノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸の違いについては、こちらの記事で詳しくお話しています。
⇒「葉酸サプリは天然と合成の違いは?どちらが良いの?

妊娠前から妊娠中にかけて葉酸が必要な理由まとめ

妊娠前から妊娠中にかけて葉酸が必要な理由のまとめ

葉酸を最も必要とし、赤ちゃんの健康に関わる重要な時期が妊娠初期。
その時期に葉酸が欠乏しないためには、妊娠前からしっかりと摂取する事が大切であり、厚生労働省もそのように推奨しています。

また、妊娠初期以降にも葉酸を摂り続ける事により、赤ちゃんの成長はもちろん、ママ自身の身体や、産後の母乳に対しても嬉しい効果を発揮してくれるでしょう。
毎日のバランスの取れた食事に加え、吸収率の良い葉酸サプリメントで補う事が、妊娠中に葉酸を欠乏させないポイントと言えます。

当サイトでは、妊娠中に安定して飲む事ができる葉酸サプリメントについて紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。
実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。

  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。