葉酸とみかん

妊娠中に必要な栄養素と言えば、カルシウムや鉄分など様々な物があります。
中でも、お腹の赤ちゃんの先天性奇形を防ぐ事から、厚生労働省が推奨しているのが「葉酸」です。

うなぎやレバー、野菜や果物など、葉酸は様々な食品に含まれていますが、今日ご紹介したいのが「みかん」。
“冬は炬燵(こたつ)にみかん”と言われる程、みかんは昔から私たち日本人にとって馴染みのある果物ですよね。

そんなみかんで手軽に葉酸が摂れるのは嬉しいものです。
また、みかんには葉酸だけでは無く、妊娠中に摂りたい様々な栄養素がたっぷりと含まれています。

そこで今回は、みかんに含まれる葉酸などの栄養素と、その効能について詳しくお話しましょう。

みかんには妊娠中に嬉しい葉酸が含まれている!

葉酸と言えば、緑の葉野菜などに多く含まれるイメージがあるかと思いますが、果物にも豊富に含まれています。
みかんには、どれ位の葉酸が含まれているのでしょうか。

みかん1個あたりの葉酸含有量は?

みかんには、100gあたりに約22ugの葉酸が含まれています。
一般的に”みかん”と呼ばれる温州みかんのMサイズ1個がおよそ100gですから、みかん1個あたりの葉酸含有量は約22ug程でしょう。

みかんジュースでも葉酸は摂れる?

生のみかんを搾ったジュースの場合には、みかんを食べるのと同様、100mlあたりで約22ugの葉酸が摂れるでしょう。
しかし、市販のフルーツジュースは加熱処理をしている物がほとんど。

熱に弱い葉酸は半減してしまっているのです。
ですから、みかんジュースやオレンジジュース等で葉酸を摂る事は難しいと言えるでしょう。

みかんの薄皮にも栄養素がたっぷり

みかんには、薄い皮(袋)の部分にも栄養がたっぷりと含まれています。
また、薄皮についている白い筋は取って捨ててしまう人もいるかと思いますが、実はそこには食物繊維がたっぷり。

また、筋の部分には「ビタミンP」と呼ばれる、ビタミンCの吸収や働きを助ける栄養素も含まれているのです。
ですから、みかんは出来るだけ薄皮の部分も丸ごと食べる事をオススメします。

葉酸だけじゃない!みかんの栄養素と効能

葉酸だけじゃないみかんの栄養素と効能

みかんには葉酸が含まれていると言うお話をさせて頂きました。
しかし、みかんの栄養素は葉酸だけではありません。

みかんの栄養素と、それらによる妊娠中への効果・効能についてまとめてみました。

成分 効果
葉酸 お腹の赤ちゃんの先天性奇形を防ぐ・貧血予防
ビタミンC 免疫力を上げる・美肌効果
食物繊維 便秘の解消
βカロテン 免疫力を上げる・粘膜を正常に保つ
クエン酸 疲労回復
カリウム むくみ・妊娠高血圧症候群の予防
ビタミンP ビタミンCの吸収を高める

(みかんの栄養素と妊娠中に対する働き)

これらの栄養素には、上記以外にも働きがありますが、妊娠中に嬉しい物を抜粋してあります。
このように、みかんを食べる事によって、妊娠中に多くのママ達が悩まされる貧血や便秘、肌荒れの予防や改善に効果的なのです。

また、妊娠中は免疫力が低下しやすく、風邪等を引いても気軽に薬を飲む事も出来ません。
ビタミンCやβカロテンによって免疫力を上げる事で、病気に掛かるのを未然に防ぐ事が出来るのも嬉しいポイントですね。

葉酸が摂れるからと言ってみかんの食べ過ぎには要注意

葉酸が摂れるからと言ってみかんの食べ過ぎには要注意

葉酸が摂りたいからと言って、妊娠中にみかんを食べ過ぎる事はオススメ出来ません。
まず、みかんには糖分が含まれています。

果糖は砂糖に比べれば低カロリーです。
しかし、やはり摂り過ぎた場合には、体重の増加に繋がります。

妊娠中に体重が増加し過ぎる事は、妊娠高血圧症候群や難産のリスクを高めますから注意が必要です。
また、みかんは豊富なビタミンCを含んでおり、更にその吸収率を高めるビタミンPも含んでいます。

ですから、ビタミンCの摂取には、とても向いているでしょう。
しかし、ビタミンCは摂り過ぎると、下痢を引き起こす原因となります。

妊娠初期に下痢を繰り返す事は子宮にとって刺激となり、時には流産に繋がる事もあるため、注意が必要なのです。
妊娠中にみかんを食べたい時には、1日2~3個に留めておきましょう。

みかんと葉酸サプリならどちらが良いの?

みかんと葉酸サプリならどちらが良いのか

みかんで葉酸が摂れるのなら、冬は葉酸サプリメントは必要ないと思う人もいるかもしれませんね。
実際に、みかんと葉酸サプリはどちらが良いのでしょうか。

みかんだけで妊娠中に必要な葉酸は摂れる?

厚生労働省が妊娠中の女性に推奨している1日の葉酸摂取量は、400ugとなっています。
みかん1個あたりの葉酸含有量が22ugでしたね。

食べ過ぎに気を付けて1日3個を食べたとしても、66ugしか摂る事が出来ません。
また、みかん等の食品に含まれる葉酸の吸収率は約50%と低いため、実際に吸収できるのは33ug程なのです。

残念ながら、みかんだけで妊娠中に必要な葉酸を補う事は難しいと言えるでしょう。

みかんと葉酸サプリはどちらを摂るべき?

サプリメントに配合されている葉酸の吸収率は約90%と高く、確実に葉酸を摂る事が出来ます。
妊婦さん向けに作られた葉酸サプリは、1日分の用量に400ugの葉酸が配合されている物がほとんどです。

そのため、多くの葉酸を必要とする妊娠中にはとても有効と言えます。
しかし、栄養素を食品から摂る事は基本であり理想的。

みかんには葉酸以外にも、妊娠中に必要な栄養素がたっぷりと含まれています。
つまり、“どちらが良いか”と言う事では無く、妊娠中のおやつやデザートにみかんを取り入れ、足りない分を葉酸サプリメントで補うのが理想的でしょう。

葉酸とみかんについてのまとめ

葉酸とみかんについてのまとめ

みかんには、葉酸を始め妊娠中に嬉しい働きをしてくれる栄養素がたっぷりと含まれています。
しかし、その葉酸含有量はそれほど高くは無く、みかんだけでは妊娠中に必要な葉酸を補う事は難しいでしょう。

糖分やビタミンCの過剰摂取を防ぐためには、みかんは1日2~3個程に留めておく事をオススメします。
毎日のおやつやデザートにみかんを取り入れ、足りない分の葉酸を吸収率の高いサプリメント等で補う事が理想的でしょう。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。