葉酸と厚生労働省

妊娠中に葉酸が良いという事は、今や雑誌やテレビ等のメディアでも多く取り上げられており、認知度は高まっています。

しかし、ひと昔前までは「葉酸」という言葉すら知らない人が多かった事でしょう。
それが浸透して行くきっかけとなったのが、厚生労働省が妊娠中の女性に葉酸を推奨したからなのです。

ではなぜ厚生労働省は妊婦さんに葉酸を推奨したのか、そして葉酸とはそれほど妊娠中に必要な栄養素なのかを詳しく見て行きましょう。

葉酸が厚生労働省から推奨され始めた理由

私達の祖父母の時代には、妊娠したからと言って葉酸を摂るという観念はあまり無かったことでしょう。 

ではなぜ厚生労働省が、妊娠中の女性に葉酸を勧めるようになったのか。
それは、日本国内での神経管閉鎖障害の発症の増加と、葉酸不足が神経管閉鎖障害を引き起こすという研究報告がされた事によります。

以前より、神経管閉鎖障害の発症率が高かった欧米諸国では様々な研究が行われ、妊娠初期の葉酸不足が神経管閉鎖障害を引き起こす可能性が高いという研究報告がされました。
そして、妊娠初期にしっかりと葉酸を摂る事で、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが約70%低減されるという研究結果が報告されたのです。
実際に欧米諸国では、妊娠中の女性に葉酸を摂るように勧告してから神経管閉鎖障害の発症率が下がりました。

それらの報告を受け、2000年より日本でも厚生労働省のガイドラインにて、妊娠の可能性のある女性に対して、1日400ugの葉酸の摂取を推奨し始めたのです。

詳しくは、厚生労働省eヘルスネット「食事摂取基準」をご覧下さい。
⇒「葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果

厚生労働省は食品からではなく葉酸サプリを推奨

厚生労働省は食品からでは無く葉酸サプリを推奨している

厚生労働省は、妊娠中の女性に葉酸を摂る事を勧めていますが、その「葉酸」とは食品からの摂取では無く、サプリメント等の事をを指しています。
それは何故なのか、見て行きましょう。

毎日の食事だけでは妊娠初期に必要な葉酸量が足りない

ほうれん草やブロッコリー、うなぎやレバー等、葉酸を含む食品は沢山あります。
食事から葉酸を摂取する事は理想的であり、妊娠中に葉酸を含む食品を摂る事はとても良いことです。

しかし、葉酸は水溶性ビタミンですから、水洗いや加熱調理によって減ってしまいます。
さらに、食品に含まれる天然葉酸と呼ばれる「ポリグルタミン酸型」の葉酸は50%と吸収率が低いため、毎日の食事だけでは厚生労働省が推奨している400ugを摂る事はとても難しいのです。
ですから、サプリメント等で補う必要があるでしょう。

葉酸サプリなら妊娠中に必要な摂取量がしっかりと摂れる

葉酸サプリメントに含まれている合成葉酸と呼ばれる「モノグルタミン酸型」葉酸は、食品に含まれる葉酸と違い、吸収率が約90%と高いため、妊娠中に必要な葉酸量をしっかりと補う事ができます。

しかし、葉酸の摂取によって神経管閉鎖障害を防ぐ事が出来るというのは、推奨量を毎日しっかりと摂った場合の研究報告です。
ですから、妊娠中には推奨量の葉酸をしっかりと摂る事が大切と言えます。

胎児の神経管閉鎖障害を防ぐのはモノグルタミン酸型(合成)葉酸

正しく摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を約70%低減すると言われる葉酸です。
しかし、それは食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸ではなく、サプリメント等に含まれるモノグルタミン酸型の葉酸の事を指します。 

妊娠中の葉酸サプリメントのよくあるQ&A

妊娠中の葉酸サプリメントのよくあるQ&A

葉酸サプリを飲んでみたいと思っても、分からない事が沢山ありますよね。
そこで、妊娠中に飲む葉酸サプリメントについて、良くあるママ達の疑問にお答えします。


厚生労働省はどんな葉酸サプリを推奨している?
先ほどお話した様に、お腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐのは、モノグルタミン酸型葉酸です。
ほとんどの葉酸サプリメントはモノグルタミン酸型葉酸を配合していますが、稀にポリグルタミン酸型葉酸を配合している物があります。
パッケージに記載が無い場合には、原材料名の所に「葉酸」としっかり書かれている物がモノグルタミン酸型葉酸ですので、そこで判断しましょう。

また、気をつけなければならないのが、葉酸の過剰摂取です。
葉酸の1日の上限摂取量は1000ugとなっています。
これを越えて摂取し続けた場合、葉酸の過剰摂取による副作用が引き起こされ、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼすので注意が必要です。
葉酸の過剰摂取に配慮された配合になったサプリメントを選びましょう。

葉酸の過剰摂取による副作用については、こちらの記事を参考にして下さい。
⇒「葉酸サプリに副作用はあるの?


葉酸サプリはいつからいつまで飲んだらいいの?
厚生労働省によると、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月頃が一番必要とされています。
しかし、もちろんそれ以降に飲んだからと言って効果が無い訳ではありません。
葉酸は、神経管閉鎖障害を防ぐ事以外にも、お腹の赤ちゃんとママにとって重要な働きを沢山しています。

そして産後の授乳期にも葉酸は必要です。
ママが摂った葉酸は、母乳を介して赤ちゃんに送られ、赤ちゃんの発達や発育のサポートをしてくれるでしょう。

ですから、葉酸サプリは”妊活をしようと思った時、又は飲もうかなと思った時から、産後の授乳期まで”飲むことがオススメなのです。

厚生労働省と葉酸サプリについてのまとめ

厚生労働省と葉酸サプリについてのまとめ

妊娠初期の葉酸不足はお腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害の原因となります。
また、逆に葉酸をしっかりと摂る事で、神経管閉鎖障害の発症を70%低減できるという事が、欧米諸国の研究により明らかになって来ました。
そこで、日本でも厚生労働省が妊娠中の女性に葉酸の摂取を推奨しているのです。

しかし、食品からの葉酸の摂取では吸収率が悪い事や、神経管閉鎖障害を防ぐのがモノグルタミン酸型葉酸である事から、厚生労働省は葉酸サプリを推奨しています。

毎日のバランスの良い食事に加え、過剰摂取に配慮された葉酸サプリでしっかりと葉酸を補いましょう。

過剰摂取に配慮された、モノグルタミン酸型葉酸を配合した葉酸サプリについて、当サイトでも紹介していますので、参考にしてみて下さい。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  2. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。