妊娠と喫煙

妊娠中の喫煙やアルコールの摂取が良くないと言うのは、多くの人が知っている事でしょう。
しかし、厚生労働省の調べによると、妊婦喫煙率は5%と言うのが現状。

20人に1人の割合で、妊娠中の喫煙をやめられない女性がいるのです。
私も喫煙者の1人ですから、タバコがやめられない気持ちは分かります。

しかし、私たち母親の行動が、お腹の赤ちゃんの人生を左右する事もあるのです。
また、喫煙による影響は母体の便秘や動悸、めまいや吐き気など、赤ちゃんに対してだけでは無くママ自身の身体にも及びます。 

そこで今回は、妊娠中の喫煙が良くないと言われている理由について、詳しくお話しましょう。

喫煙が与える妊娠への影響

妊娠中の喫煙は胎児への影響が懸念されますが、そもそも喫煙は”妊娠する事”自体にも悪影響を及ぼすと言われています。
タバコ1本に含まれる有害物質は「タール」や「ニコチン」「カドミウム」など実に200種類以上。

これらの有害物質は卵子や精子の老化や質の低下を招き、妊娠する確率を低下させると言われているのです。
 

喫煙は妊活や不妊治療の妨げとなる

喫煙は、卵子の老化やホルモンバランスの乱れ、身体の冷え等を招きます。
これらは妊活の大敵。

喫煙者はそうで無い人に比べ妊娠率が低く、また妊娠するまでの期間が長くなると言う研究報告もあるようです。 
また、喫煙によって体外受精での妊娠率も低くなると言われており、不妊治療にも悪い影響を及ぼすとされています。

男性の喫煙も妊娠の確率に影響する?

喫煙によって妊活や妊娠に影響があるのは、女性だけではありません。
パートナーである男性や旦那さんにも、気を付けて頂きたい事なのです。

喫煙は、精子の濃度や運動指数を低下させます。
そのため、妊活成功率は非喫煙者に比べて低くなるのです。

また、精子の老化や質の低下により精子の奇形を招きます。
無事妊娠に至った際にも、赤ちゃんに口蓋裂等の先天性の奇形が生じるリスクが高くなるのです。

こうして見ると、男性も他人事ではありませんよね。
妊活中は女性だけで無く、パートナーである男性も身体を健康に保つ事が重要なのです。

妊娠中の喫煙による胎児への影響

妊娠中の喫煙による胎児への影響

妊娠中の喫煙による赤ちゃんへの影響には、具体的にどのような物があるのでしょうか。

妊娠中の喫煙は流産や早産・死産のリスクを上げる

「日本産婦人科医会」の報告によれば、妊娠中に喫煙をする事で流産や早産の確率が上がるとされています。
1日20本タバコを吸う妊婦さんの場合、吸わない人と比べて流産になる確率は2番とも言われているのです。

子宮内の環境が悪化する事により、流産や死産に至るリスクも上がります。
また、近年問題とされているのが「乳幼児突然死症候群(SIDS)」です。

これは、元気に産まれた赤ちゃんがある日突然亡くなってしまうというもの。
SIDSの原因の一つは妊娠中の喫煙にあると言われているのです。

妊娠中の喫煙は低体重出生のリスクを上げる

妊娠中の喫煙により血管が細くなると、お腹の赤ちゃんに栄養や酸素が行き渡らない状態となります。
それにより「低体重出生」のリスクが上がるのです。

妊娠中にタバコを吸っていた妊婦さんから産まれた赤ちゃんは、そうで無い人に比べ出生時の体重が平均で200gも少ないと言われています。
“胎動を感じるから大丈夫”と思わずに、赤ちゃんがお腹の中で苦しい思いをしている事を知りましょう。

妊娠中の喫煙は胎盤にも悪影響を及ぼす

妊娠中の喫煙は、胎盤にも影響を及ぼします。
中でも「前置胎盤」や「常位胎盤早期剥離」は、発育不全や早産、死産に繋がる事がありますから注意が必要です。

妊娠中の喫煙が胎児の発達障害の原因となる事も

妊娠中に喫煙をしていても、無事に出産をしたと言う人もいる事でしょう。
しかし、中には妊娠中の喫煙が産後に「adhd(注意欠陥・多動性障害)」や「自閉症」等の「発達障害」として現れるケースもあります。

これは、妊娠中にタバコを吸う事で赤ちゃんの脳に十分に酸素が行き渡らない事が原因の一つ。
もちろん、発達障害の原因は喫煙だけではありませんが、原因の一つとなる事は確かなのです。

妊娠中の喫煙は胎児の染色体異常のリスクを上げる

妊娠中の喫煙によって、精子や卵子は老化し質は下がります。
それにより、「染色体異常」を引き起こすリスクが上がるのです。

染色体異常による症状には、ダウン症など様々な物が挙げられますが、初期流産の多くも染色体異常によるもの。
予防のためには、妊活中から夫婦で気を付ける必要があるでしょう。

妊娠中の喫煙により胎児がアレルギー体質になる事も

妊娠中の喫煙と胎児のアレルギーの因果関係については、近年様々な研究が行われているようです。
タバコに含まれる有害物質は、お腹の赤ちゃんにダイレクトに届いてしまう物も多く、喫煙によりアトピー性皮膚炎や喘息と言ったアレルギー体質になりやすいと言われています。

女性は喫煙歴があるだけで妊娠への影響がある?

女性は喫煙歴があるだけで妊娠への影響がある

妊娠中や妊娠前にタバコをやめたとしても、喫煙歴があるだけで影響があるのでしょうか。
詳しく見て行きましょう。

喫煙はいつからいつまで赤ちゃんに影響する?

厚生労働省によると、妊娠前に禁煙した場合、子供の出生体重はたばこを吸っていない妊婦と同じレベルになるようです。 
しかし、妊娠が分かる時期はどんなに早くても既に5週~6週に入った頃では無いでしょうか。

ですから、”妊娠に気づかず喫煙していた”と言う人もいる事でしょう。
妊娠初期にタバコを吸っていても、妊娠3~4カ月までに禁煙すると低体重児のリスクがタバコを吸っていない妊婦のレベルに近づくとされています。

ですから、妊娠に気付かす喫煙してしまった場合にも、ほとんど心配はいらないでしょう。
とは言え、妊娠初期は胎児の脳や脊髄の形成が始まる時期。

妊娠中の喫煙による影響は、妊娠初期から産後の母乳の時期まであると考えられます。
そのため、妊娠に気づいた時は直ぐに禁煙する事をオススメします。
 

妊娠中の喫煙の影響は本数やタール量に関係する?

妊娠中の喫煙がどうしてもやめられない人は、「1日2~3本だけなら」「タールが1ミリのタバコなら」と思うかもしれませんね。
私も喫煙者ですので、タバコを我慢しなくてはならない時のイライラやストレスも理解しているつもりです。

確かに、1日20本のタバコを吸う妊婦さんと、1本しか吸わない妊婦さんでは妊娠中のリスクに差が出ます。
そして、タールの量も多い程良くないのです。

しかし、タバコの害がどのようなタイミングで、お腹の子供に影響するかは分かりません。
“1本だけなら大丈夫”とか”タールが1ミリから大丈夫”と言う保証は無いのです。

妊娠中の喫煙で後悔しないために気を付けたい事

妊娠中の喫煙により後悔しないために気を付けたい事

妊娠中に喫煙をしていた場合、何かトラブルがあった際に「タバコのせいかも?」と後悔や罪悪感に苛まれる事でしょう。
実際には何が原因かは分かりませんが、後悔をしない為にも妊娠中の生活には最善を尽くしたいものです。

妊娠中は受動喫煙にも気を付けて

妊婦さん自身が喫煙者で無くとも心配なのが「受動喫煙」です。
他人がタバコを吸った時に出る「副流煙」にも、有害物質は山ほど含まれています。

ですから、旦那さんや家族に喫煙者がいる場合は、他の部屋で吸ってもらったり、外食の際には喫煙席を避ける等の配慮をしてもらいましょう。

喫煙歴のある女性にこそ妊娠中に摂って欲しい葉酸

妊娠前の喫煙歴が直接胎児に影響する事はあまり考えられません。
しかし、タバコには「葉酸」の吸収を阻害する作用があり、喫煙者は葉酸が欠乏状態にある事が多いのです。

葉酸は、”赤ちゃんの為の栄養素”とも言われ妊娠中に推奨されている栄養素。
妊娠初期に葉酸が欠乏する事は、胎児の先天性奇形の原因となるのです。

厚生労働省は、妊娠の約1ヶ月前から1日400ugの葉酸を摂る事を推奨しています。
喫煙歴のある女性や妊婦さんにこそ、葉酸をしっかりと摂って頂きたいものです。

しかし、水溶性ビタミンである葉酸は食品からの十分な摂取が難しいのが現実。
そこでオススメなのが、吸収率の高いサプリメントからの摂取です。

“葉酸サプリ”と一口に言っても、その種類も成分も様々。
妊娠中に毎日飲む物ですから、安全性の高い物を選びましょう。

妊娠中にどんな葉酸サプリを選んだら良いのか分からない人は、こちらの記事を参考にしてみて下さいね。
⇒「妊娠中に選ぶべき安全な葉酸サプリとは?

妊娠と喫煙のまとめ

妊娠と喫煙のまとめ

タバコには200種類以上の有害物質が含まれており、妊活や不妊治療の妨げとなります。
そして妊娠中に喫煙をする事は、流産や早産、胎児の先天性奇形など様々なリスクを高めるのです。

妊娠中に喫煙をしたまま無事出産をした人もいますが、その後子供の発達障害として現れるケースもあります。
タバコの影響は、いつどのような形で現れるか分かりません。

その時になって後悔しないために、妊娠中は禁煙する事をオススメします。
喫煙歴のある女性にこそ、しっかりと摂って頂きたいのが「葉酸」です。

タバコによって葉酸が欠乏状態のまま妊娠すると、お腹の赤ちゃんの先天性奇形のリスクが高まります。
毎日のバランスの取れた食事に、吸収率の高い葉酸サプリを加えて補うのが理想的です。

当サイトでは、妊娠中に安心して飲む事が出来る葉酸サプリメントについてご紹介しています。
是非、参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  2. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。