葉酸サプリと気持ち悪い

お腹の赤ちゃんの成長に欠かせないビタミン「葉酸」。
厚生労働省も、妊娠の可能性がある女性に対して、1日400ugの葉酸の摂取を推奨しています。

ですから、葉酸サプリ等で補っている人も増えていますよね。
しかし、葉酸サプリを飲むと気持ち悪いという症状を引き起こしてしまう人がいるようです。

一体、なぜなのでしょうか。
本当にそれは葉酸サプリが原因なのかも、妊娠中にはとても気になるところです。

そこで今回は、葉酸サプリで気持ち悪くなる事はあるのかについて、詳しく解説したいと思います。

葉酸サプリに気持ち悪い症状を起こすような副作用はあるの?

葉酸サプリが原因で気持ち悪くなるような副作用があるとしたら、妊娠中には心配でしょう。
結論から申し上げますと、葉酸サプリは医薬品ではなく栄養補助食品。

ですから、薬のように「副作用」と呼ばれるものはありません。
基本的には、葉酸サプリのせいで気持ち悪いという症状が起きるのは、考えにくいでしょう。

葉酸サプリが原因で気持ち悪い可能性があるとしたら?

葉酸サプリが原因で気持ち悪い可能性があるとしたら

基本的に葉酸サプリには、気持ち悪い等の症状を引き起こすような副作用はありません。
しかし、飲み方や成分など、場合によってはサプリが原因で気持ち悪くなる事も考えられます。

それは、どんな場合なのでしょうか。

葉酸サプリの過剰摂取によって気持ち悪い

葉酸サプリを飲む上で気をつけたいのが「過剰摂取」です。
葉酸の1日の上限摂取量は1000ugとされており、これを越えて摂り続けた場合には、葉酸の過剰摂取による副作用が起こる事があります。

その症状は、発熱や発疹、じんましんや呼吸障害など様々ですが、その中に吐き気も含まれているのです。
葉酸サプリを飲んで気持ち悪い等の症状が現れた場合は、過剰摂取をしていないかを確認してみましょう。

葉酸サプリの味や匂いが合わなくて気持ち悪い

妊婦さんは、ホルモンバランスの関係で匂いや味に敏感になります。
もしかしたら、葉酸サプリの味や匂いが合わないために、気持ち悪い症状が出るのかもしれません。

味や匂い、粒の大きさなどは同じ葉酸サプリと言ってもメーカーによって差があります。
いくつかの商品を実際に試し、自分に合ったサプリを飲む事で気持ち悪い症状が改善されるかもしれません。

葉酸サプリの成分や添加物で気持ち悪い

葉酸サプリには、葉酸以外にも様々な栄養素が配合されています。
その成分によるアレルギー反応として、気持ち悪いという症状が出ている可能性があります。

ですから、食物アレルギーを持っていたり、もともとアレルギー体質だという人は、事前にサプリの配合成分について確認をしましょう。
また、気持ち悪くなる原因としては、食品添加物によるものも考えられます。

添加物とはそもそも厚生労働省が認可している安全なものです。
しかし、石油などを原料とした化学合成添加物を使用している葉酸サプリの場合、飲みすぎると気持ちわるい症状が現れる事があります。

妊娠中は、身体もデリケートになっています。
葉酸サプリはなるべくなら、無添加のものが理想的でしょう。

つわりを葉酸サプリが原因で気持ち悪いと勘違いする人も

つわりを葉酸サプリが原因で気持ち悪いと勘違いする人も

葉酸の摂取は妊娠前から推奨されていますが、実際には妊娠が分かってから葉酸を飲み始める人は多いもの。
一般的に妊娠が発覚する「妊娠初期」は、つわりが始まる時期でもあります。

ですから、つわりによって気持ち悪いというのを、葉酸サプリを飲んだからだと勘違いする人もいるようです。
気になる人は、3~4日サプリを止めてみるのも良いでしょう。

つわりも個人や日によって差はありますが、実際につわりが始まっているとすればサプリを止めて3日も4日も何ともないという事はあまり考えられません。
気持ち悪さがの原因がつわりだと分かれば、安心して葉酸サプリを飲む事が出来るかと思います。

葉酸サプリで気持ち悪くなる人にオススメのサプリの選び方

葉酸サプリで気持ち悪くなる人にオススメのサプリの選び方

1度葉酸サプリを飲んで気持ち悪くなったという経験をすると、その後もサプリを飲むのに抵抗が出てしまうという人もいる事でしょう。
しかし、妊娠中の葉酸の摂取はとても重要ですから、できれば自分に合ったものを見つけて飲んで欲しいものです。

葉酸サプリで気持ち悪い症状が出てしまう人にオススメの、葉酸サプリの選び方をご紹介しましょう。

葉酸の過剰摂取に配慮されている葉酸サプリ

先ほどもお話したように、葉酸の過剰摂取は気持ち悪いのを始め、様々な副作用を引き起こします。
ですから、葉酸の過剰摂取に配慮された配合になっている葉酸サプリを選びましょう。

国産のサプリではあまり見られませんが、海外製の商品では1日分や2日分で葉酸の上限を越えてしまうような物もあります。
そのような葉酸サプリは、忘れた分をまとめ飲みすれば直ぐに過剰摂取になってしまうのです。

ですから、葉酸サプリは1日分の葉酸配合量を確認する事と、用量を守って飲む事で気持ち悪くなるのを防ぐ事が出来るでしょう。

合成添加物不使用の葉酸サプリで気持ち悪いのを防ぐ

妊娠中に毎日飲む葉酸サプリですから、安全性は重要なポイントです。
葉酸サプリで気持ち悪い症状が出てしまう人は特に、合成添加物を使用していないものを選びましょう。

合成着色料や保存料など、妊娠中に良くない添加物は数多く存在しますから、事前にしっかりと成分を確認する事が大切です。
特に「ショ糖脂肪酸エステル」や「アセスルファムカリウム」に至っては、妊娠中に摂り過ぎた場合、胎児の奇形のリスクを上げるとも言われていますから、注意が必要です。

葉酸サプリと気持ち悪いのまとめ

葉酸サプリと気持ち悪いのまとめ

葉酸サプリは医薬品ではありませんので、基本的に「気持ち悪い」などの副作用が出る事は考えられません。
しかし、葉酸サプリを飲みすぎた場合には、葉酸の過剰摂取による副作用として気持ち悪くなる事があります。

また、配合成分に対するアレルギー反応や、合成添加物への反応なども、葉酸サプリで気持ち悪い症状が出る原因と考えられます。
そして、つわりによる吐き気をサプリのせいだと勘違いしてしまう人もいるのです。

葉酸サプリで気持ち悪くなるという人は、葉酸の過剰摂取に配慮され、合成添加物不使用の安全なものを選びましょう。
当サイトでは、妊娠中に安心して飲む事が出来る、安全性の高い葉酸サプリについてご紹介しています。

葉酸の過剰摂取についてもしっかりと配慮がされていますから、是非参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。