妊娠の肩こり

妊娠すると、ホルモンバランスや環境の変化等により、身体の様々なところにトラブルが起こる事があります。
中でも「肩こり」に関しては、妊娠してから悪化・または今まで感じなかったのに感じるようになったと言う声を多く耳にします。
肩こりは慢性化すると、頭痛やめまい、気持ち悪くなる、眠れない等の症状を引き起こす辛い物です。

一体なぜ妊娠中に肩こりが悪化するのでしょうか。
何かの兆候なのか、それとも他に原因があるのか、いつまで続くのか等について、詳しく調べてみました。
改善策も合わせてお話したいと思います。

妊娠中に肩こりが起こる原因は時期によって違う

通常、肩こりの原因として考えられるのは、眼精疲労や貧血、運動不足や歯痛など様々な物が挙げられますが、妊娠中に起こる肩こりの場合は、それ以外の要因が重なっている可能性があります。
また、その原因は妊娠の時期によっても少し違うのです。

妊娠初期の肩こりの原因

妊娠超初期や妊娠初期に見られる肩こりの原因は、環境や身体の急激な変化に身体が戸惑って引き起こされるのかもしれません。

妊娠によるホルモンバランスの変化

妊娠すると、女性の身体の中ではホルモンバランスが急激に変化します。
それにより、自律神経が乱れ交感神経が優位な状態が続くと、身体中の筋肉が緊張し血流が低下するのです。
そして、肩こりや首こり、頭痛などが引き起こされると考えられます。

また、交感神経が優位な状態が続く事は、しっかりと眠れない”不眠症状”にも繋がり、睡眠不足による肩こりが引き起こされる事もあるのです。

ストレスや不安

妊娠すると、嬉しい気持ちとは裏腹に、「思うように行動できない」「好きな物が食べられない」など、自由が利かない事へのストレスや出産への不安もあるでしょう。
人間の身体は、ストレスを感じると緊張状態になり血行が悪くなります。
筋肉が硬くなり、身体が冷える事により肩こりが引き起こされやすくなるのです。

妊娠後期や臨月の肩こりの原因

安定期に入ると、初期の様な急激な変化は落ち着いて来るのですが、体型の変化などにより動きにも本格的に制限が掛かってきます。

運動が出来ない事による血行不良

妊娠中はお腹に負担がかかるため、走ったり跳んだりといった激しい運動が出来ませんから、運動不足に陥るママも多い事でしょう。
運動不足により身体中の血行が悪くなると、肩こりを引き起こしやすくなるのです。

激しい運動は出来ませんが、体調の良い時にはヨガやストレッチ等のゆっくりとした運動を取り入れると良いのでは無いでしょうか。

胸が大きくなる事による背中のこりや首こり

妊娠すると、ホルモンの分泌により胸が張り大きくなります。
大きくなった胸を支える事により、いつもより肩や首に負担がかかると、肩こりや首こりに繋がりやすいのです。

お風呂などでマッサージをしたり、温めたりする事で、少しでも凝りが和らぐでしょう。

お腹が大きくなり自由な姿勢で眠れない

赤ちゃんの成長と共にだんだんとお腹が膨らんで来ると、妊娠八ヶ月頃にはずっしりと重みを感じるようになります。
そして、寝返りを打ったり、うつ伏せで寝る事が困難になってくるのです。
自由な姿勢で眠れない事は、安定した睡眠の妨げになり、身体の様々な部分の凝りに繋がります。

抱き枕等を上手く活用し、楽に眠れる体勢を見つけられると良いでしょう。

妊娠中の肩こり対策は?

妊娠中の肩こり対策

妊娠中の辛い肩こりを解消する方法は無いのでしょうか。

自分で出来る妊娠中の肩こり解消法

自分で出来る肩こり解消法についてまとめてみました。

マッサージやストレッチ

マッサージやストレッチ等は、血行を良くし筋肉を和らげます。
特に身体が温まっている湯船の中やお風呂上がり等にすると良いでしょう。

肩こり解消のツボは意外にも背中にあります。
肩甲骨のカーブに沿って指でマッサージしながら腕を回すだけでも、ずいぶん肩が楽になるでしょう。

体を温める

肩こりを改善するには、やはり身体を温める事が大切でしょう。
湯船にゆっくり浸かる、温かい飲み物を飲む、厚手の靴下や腹巻きをする等、日ごろから気を付ける事が大切です。
また、生姜等の身体を温める作用のある食べ物で中から温めるのも効果的でしょう。

湿布は妊娠中には出来ない物もあるので要注意

肩こりを解消するための湿布や塗り薬などの改善グッズは、薬局等でも手軽に購入する事が出来るため便利でしょう。
サロンパス、ロキソニンテープ、ピップマグネループ、エレキバン、カロナール、アンメルツヨコヨコ、バンテリン等、思い付く限りでもこんなに沢山の商品があります。

しかし、中には強い薬を使っており、皮膚から浸透した場合にお腹の赤ちゃんに影響を及ぼす物もあるため、妊娠中に使用して良い物かどうかをしっかりと確認しましょう。

吐き気やめまいを伴うひどい妊娠中の肩こりはどうしたらよい?

マッサージやストレッチ、改善グッズ等を使用しても何ともならないようなひどい肩こりの場合には、とても辛いものですよね。
そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

症状が治まるまでまずは自宅で安静に

肩こりによって、激しい頭痛や吐き気・めまい等を伴った場合には、その症状が治まるまではとにかく安静にしましょう。
横になったり、ぐっすりと眠るなど、リラックスした時間を持つ必要があります。
2人目、3人目の妊娠中には、そのような時間を持つのは中々難しいかもしれませんから、家族の協力が大切でしょう。

整体・接骨院で相談する

自分ではどうにもならない肩こりの場合には、整体や接骨院などで相談するのも良いでしょう。
専門家に診てもらう事により、自分では出来ない電気治療や、骨の歪みを治してもらえる事もあります。
また、鍼灸などでお灸や針を打ってもらうのも効果的でしょう。
ただし、整体や鍼灸などは保険がきかない場合が多いので注意が必要です。

薬が飲めなくても病院で漢方を出してもらえることも

妊娠中は飲めない薬が多く、痛みに耐えなければならない場面も多い事でしょう。
しかし、病院によっては妊婦さんでも飲む事ができる漢方などを処方してくれる所もあります。
一度相談してみるのも良いのでは無いでしょうか。

妊娠中の肩こりの改善に葉酸が効果的?

妊娠中の肩こりの改善に葉酸が効果的

お腹の赤ちゃんの先天性奇形などを防ぐ事から、厚生労働省も推奨している「葉酸」。
肩こりとは縁遠いイメージですが、実はこの葉酸が妊娠中の肩こりの改善に効果的だと言われています。

葉酸の重要な働きのひとつが「造血作用」です。
葉酸を摂る事によってたっぷりと血液が作られると、全身の血行が良くなります。
また、葉酸にはホルモンバランスを整える働き、ストレスを緩和する働き、自律神経を整える作用などがあり、妊娠中の肩こりの様々な原因を解消する効果が期待できるでしょう。

しかし、食品に含まれる葉酸の吸収率は約50%と高くありません。
約90%の吸収率で確実に葉酸を摂る事が出来るサプリメントがオススメです。

妊娠中の肩こりについてのまとめ

妊娠中の肩こりについてのまとめ

妊娠中に肩こりが引き起こされるのは、身体や環境の様々な”変化”が原因だと考えられます。
ストレッチやマッサージ、湿布を貼るなど、自分でできる解消法もありますが、それでもダメな時には専門家に相談するのも一つの方法です。

また、赤ちゃんのための栄養素としてのイメージが強い「葉酸」が、妊娠中の肩こりの改善に効果的だと言われています。
毎日の食事に加え、吸収率の良い葉酸サプリ等で摂る事がオススメです。

当サイトでは、妊娠中に安心して飲む事が出来る葉酸サプリについて紹介しています。
サプリメント選びに迷ったら、是非参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。