葉酸サプリは授乳中

妊娠中に葉酸サプリを愛飲していたからこのまま飲み続けたいというママや、妊娠中には飲んでいなかったけれど授乳中からでも飲んでみたいというママ達にとって、授乳中の葉酸サプリの安全性が気になる所では無いでしょうか?

授乳中はママが食べたものがダイレクトに母乳へと移行されてしまう為、口にする物が安全かどうかはとても気になりますよね。

そこで、授乳中に葉酸サプリを飲んでも大丈夫なのか?
副作用は無いのか?
詳しく説明していきましょう。

授乳中も葉酸は必要

葉酸は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害などを防ぐ効果で知られ、妊活中や妊娠初期に最も必要と言われる栄養素。
しかし、妊娠初期を過ぎたからと言って必要が無くなるという訳ではなく、葉酸は妊娠後期から授乳中にかけても赤ちゃんの健やかな成長の為に欠かせない栄養素のひとつなのです。

葉酸は赤ちゃんの成長や発達に欠かせない

赤ちゃんは産まれてからも日々盛んに細胞分裂を繰り返し、目まぐるしく成長します。
そんな赤ちゃんの身体に必要なのがまさに「葉酸」です。
葉酸は細胞分裂を助け、DNAが正しくコピーされるのをサポートします。
ママが葉酸を摂る事で、母乳を通して赤ちゃんの身体にもたっぷりと葉酸が行き届き、健やかな成長や発達を助けてくれるのです。

母乳は血液から造られている

母乳が血液から作られているという事をご存知ですか?
葉酸には血液(赤血球)を作り出す働きがありますから、ママが葉酸を摂る事で良質な血液が作られると母乳の質も上がるのです。
また、葉酸の働きによって血行が良くなるという事は、母乳の出も良くなりますから、良質な母乳をたっぷりと赤ちゃんに与える為にも授乳中の葉酸の摂取はオススメでしょう。

授乳中もサプリから葉酸を摂ろう

授乳中は葉酸サプリで摂る

授乳中の葉酸の摂取は妊娠中と同様、吸収率の良いサプリメントから摂るのがオススメです。
気になる副作用や、飲み方について見ていきましょう。

副作用は大丈夫?

授乳中に葉酸の摂取を考えているママにとってまず心配なのは、副作用ではないでしょうか?
しかし、心配はいりません。
葉酸サプリは用量を守って正しく摂取していれば、副作用が起こる事はまず考えられないでしょう。
しかし、葉酸には1日の上限摂取量がありますから、それを越えて摂取し続けた場合には授乳中に限らず、過剰摂取による副作用が引き起こされる事があります。

葉酸の上限摂取量は1日1000ug

厚生労働省の発表によると、葉酸の1日の上限摂取量は、妊娠中や授乳中に限らず1000ugとなっています。

食事から葉酸を摂った場合の吸収率は約50%と高くない為、毎日の食事だけで過剰摂取になる事はほとんどありません。
しかし、サプリメントからの吸収率は約90%と高い為、用量を守らず一度に何日分も飲み続けた場合には、蕁麻疹や不眠症状など”過剰摂取による副作用”が引き起こされる事があるのです。
葉酸サプリメントは用量を守って正しく摂取しましょう。

授乳中は葉酸サプリをどれくらい飲んだらいいの?

厚生労働省によると、妊活中や妊娠初期には1日400ugの葉酸を摂ることが推奨されていますが、授乳中は1日100ugの摂取で良いとされています。
妊活中から飲み続けており、出産・産後も400ugの葉酸サプリを飲んでいるという方もいるかと思いますが、もちろんそれでも問題はありません。

授乳中にはどんな葉酸サプリメントがオススメ?

授乳中に安心して飲める葉酸サプリメントとは、どんな物なのでしょうか?

化学合成添加物が無添加の物

授乳中に飲んだもの、食べた物の成分は母乳に移行されます。
ですから、毎日摂るサプリメントとなると、もちろんその成分にも気を付けなければなりません。
そこで気を付けたいのがまず食品添加物です。

サプリメントを固める為に使われるデンプンなど、添加物の中にも人体に影響の無い安全なものは沢山あります。
注意すべきなのは、合成着色料や保存料などの、化学合成された食品添加物です。
石油系の原料から合成された添加物は、母乳を通して赤ちゃんの身体に入ると体内に溜まりやすく、アレルギー疾患などを引き起こすリスクも高まりますから気をつけましょう。

天然由来の合成葉酸が配合されている物

葉酸には「天然」と「合成」があるのをご存知ですか?
簡単に申し上げますと、食品に含まれている葉酸が「天然」、サプリメントなどに含まれている葉酸が「合成」という事になります。
天然だから身体に良く、合成だから身体に悪いという事では決してありません。
合成葉酸は天然葉酸に比べて吸収率が高く、確実に葉酸が摂取できる事から厚生労働省は合成葉酸を推奨しています。

ここで重要なのは、合成葉酸でも”天然由来か化学合成された物か”ということです。
化学合成された合成葉酸は石油系の原料から作られた物が多く体内に蓄積されやすい為、赤ちゃんにも影響がでてしまう危険性があります。
授乳中に摂りたいのなら、天然成分から抽出された合成葉酸が使われている葉酸サプリを選びましょう。

天然葉酸と合成葉酸についてはこちらをご覧下さい。
⇒「葉酸サプリは天然と合成の違いは?どちらが良いの?

葉酸の過剰摂取に配慮がされている物

葉酸の過剰摂取は副作用を引き起こす原因になるというお話をさせて頂きましたね。
数売られている葉酸サプリメントの中には、成分の配合に配慮がされておらず葉酸の1日の上限摂取量である1000ugを越えてしまう物も稀にあるので注意が必要です。
良質なサプリメントには、上限摂取量を越えないように配慮がされている事はもちろん、1日分で推奨量の400ugの葉酸が摂れるよう配合されている物が多くあります。
副作用などを引き起こさない為に、そしてしっかりとした効果を得るためにも、その様な葉酸サプリを選ぶ事が大切です。

まとめ

赤ちゃんの健やかな成長や発達の為には、授乳中にも葉酸が必要不可欠です。
授乳中の葉酸サプリの摂取は、用量を守って正しく飲んでいれば安全で、むしろ吸収率の良さからオススメと言えます。
食品添加物などの成分の安全性や、葉酸の過剰摂取にならない様な配慮がされている良質な物を選びましょう。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  2. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。