葉酸サプリはいつからいつまで

妊娠前から妊娠初期に正しく摂取する事で、産まれてくる赤ちゃんの神経官閉鎖障害などの先天性異常のリスクを軽減する効果のある葉酸ですが、いつからいつまで葉酸サプリを飲めば良いのか疑問に思っているママも多いことでしょう。

葉酸サプリはいつからいつまで飲む?

そもそもなぜ、妊娠すると葉酸、葉酸と言われるのでしょう?
何となく良いとは分かっていても、具体的に理解しているママは少ないのではないでしょうか。

妊娠中に葉酸が重要と言われる理由

妊娠初期の12週ごろまでに、赤ちゃんの脳や脊髄が出来上がります。
この大切な時期に葉酸が不足してDNAのコピーが正常に行われないと、産まれてくる赤ちゃんの二分脊椎や無脳症、発達障害などの先天性異常のリスクが高まりますので、妊娠初期の葉酸の摂取はとても重要なのです。

葉酸サプリはいつから必要?

2000年から母子手帳にも記載されるようになりました。
しかしながら、厚生労働省は二分脊椎などの神経官閉鎖障害のリスクを下げるためには、妊娠前から妊娠初期の葉酸の摂取を推奨していますので、結論としては「妊娠を意識した時から葉酸サプリを飲む」ことをオススメします。

飲むタイミングは妊娠が分かってからでも遅くない?

妊娠前からの摂取が推奨されている葉酸ですが、妊娠に気づいた時にはもう既に妊娠3ヶ月頃になっていて、今から飲んでももう意味がないのかな?と思い飲むタイミングを逃してしまうママもいることでしょう。
しかし、それでは勿体ないのです。
確かに葉酸を摂るのに最も重要な時期は、神経官閉鎖障害のリスクの軽減に関わる妊娠初期までですが、葉酸は妊娠中期以降も赤ちゃんとママにとって大切な働きをしていますので、気づいた時からでも摂取することをオススメします。

葉酸サプリはいつまで必要?

葉酸が必要なのは、妊娠初期だけだと思っているママもいるのではないでしょうか?
しかし、葉酸は妊娠中期以降、そして産後のママの身体の回復や授乳に関しても重要な働きをしてくれますので、妊娠にとって葉酸が「いつまで必要?」という疑問に対しての答えとしては、「産後・授乳期まで必要」ということになります。

妊娠中期以降の葉酸の働き

妊娠中期以降の葉酸の働きについては、下記に記載していきます。

赤ちゃんに栄養を届けるための血液を作る

お腹の赤ちゃんに沢山の栄養を届けるには、血液が必要です。
葉酸には血液を作る働きがありますので、妊娠中期以降も葉酸をしっかりと摂って栄養たっぷりの血液を送ってあげましょう。

身体の成長をサポートし早産のリスクを軽減する

葉酸には、DNAの形成を助ける働きがあります。

お腹の赤ちゃんは、日々もの凄い回数の細胞分裂を繰り返し成長しています。
ママが摂った葉酸が臍(へそ)の緒を通して届くことで、赤ちゃんの臓器や器官をはじめ、健康な身体の成長をサポートしてくれて、早産のリスクを軽減する効果があります。

ママの貧血を予防する

妊娠中は、臍(へそ)の緒を通して、様々な栄養をお腹の赤ちゃんに送らなければならないため、沢山の血液を必要とします。
そのため、ママは貧血になりやすいのですが、葉酸には造血作用がありますので、ママの貧血を予防する効果があります。
また、細胞分裂が上手くいかず赤血球が巨大化してしまうことによる「悪性貧血」は葉酸不足が原因のひとつですので、ママの身体のためにも葉酸はしっかりと摂ることをオススメします。
悪性貧血については、下記の記事を参照してください。
⇒「悪性貧血について

産後、授乳期も葉酸が必要

妊娠中だけでは無く、産後から授乳期にかけても葉酸はしっかりと摂取した方が良いでしょう。

産後

出産を頑張った後のママの身体は、傷ついた子宮や体力を回復させるために細胞分裂が盛んに行われます。
この時に葉酸をしっかりと摂ることで細胞分裂がスムーズに行われ、ママの身体の回復をサポートしてくれるのです。

また、産後はホルモンのバランスが乱れやすく精神的にも不安定になりやすいのですが、葉酸にはホルモンバランスを整える効果もありますので、産後鬱や産後の自律神経失調症などの予防にも効果的です。

授乳期

母乳は血液から作られます。
葉酸には造血作用がありますので、授乳期に葉酸をしっかりと摂取することで母乳の質の向上が期待出来ます。
また、赤ちゃんは産まれてきた後も、盛んに細胞分裂を繰り返しながら、様々な成長・発達していきますので葉酸は不可欠です。
ママが摂った葉酸は、母乳を通して赤ちゃんに送られますので、授乳期もしっかりと葉酸を摂取することで、赤ちゃんの成長や発達をサポートする事が出来ます。

葉酸サプリは妊娠を意識した時から授乳期まで摂取することで、ママと産まれてくる赤ちゃんの健康な毎日をサポートしてくれます。

葉酸はサプリからの摂取が推奨されている

葉酸サプリ

厚生労働省は、妊娠中は1日480ugの葉酸の摂取を推奨していますが、これは食品からでは無く、サプリメント(モノグルタミン酸)からの摂取を推奨しています。
それはなぜなのでしょう?

食品からは葉酸を摂取しにくい

食品からの葉酸の吸収率は約50%と低く、さらに葉酸は水溶性ビタミンですので、水洗いや加熱調理によって約半分程が溶け出してしまうため、食品から葉酸を摂るには含有量の約4倍もの摂取が必要となります。

それに対して、サプリメント(モノグルタミン酸)の吸収率は90%と非常に高く、確実に葉酸を摂取する事が出来るのです。
もちろん、食品から葉酸を摂取する事も大切なことですので、あくまでもいつもの食事に葉酸サプリメントをプラスするという形が好ましいでしょう。

サプリメントには葉酸と一緒に摂ると良い他の栄養素が含まれている

葉酸は単独ではなく、様々な他の栄養素と共に働きます。

・ビタミンB16
・ビタミンC
・鉄分
・カルシウム

上記の栄養素が元々配合されているサプリメントを選ぶことで、葉酸がより効果的に働くのです。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。