葉酸の原料

緑の野菜などに多く含まれ、お腹の赤ちゃんに良いと言われている「葉酸」。
しかし、サプリメントに配合されている葉酸は一体どんな原料から作られているのかという疑問をお持ちの方も多いのでは無いでしょうか?
葉酸サプリを試してみたいとは思っても、妊娠中に毎日飲むものですからその安全性は気になるところですよね。

そこで、サプリメントに含まれる葉酸の原料や、妊娠中に安全に飲める葉酸サプリの見分け方について詳しくお伝えしたいと思います。

サプリに使われている葉酸の主な原料は?

葉酸は野菜や肉、海草などに元々含まれている栄養素ですが、サプリメントに使われている葉酸はそれらの食品から抽出された物?それとも何か化学的に作られた物なのでしょうか?

そもそも葉酸には2種類ある

「葉酸」と一言で言っても、2種類あるのをご存知ですか?

1つは、野菜や果物や肉などの食品にもともと自然に含まれている「ポリグルタミン酸型葉酸」で、これを「天然葉酸」とも呼びます。

そしてもう1つは、人工的に化学合成された「モノグルタミン酸型葉酸」です。
これを先程の天然葉酸に対して「合成葉酸」とも呼びます。

サプリメントには合成葉酸が使われている

天然葉酸・合成葉酸と聞いて恐らく多くの人が感じるのが、”天然の方が良さそう”、”合成って身体に悪そう”という事ではないでしょうか?

しかし、厚生労働省が妊活中や妊娠中の女性に推奨している「葉酸」とは、実は合成(モノグルタミン酸型)葉酸の事なのです。

毎日の食事から天然葉酸を摂ることは、身体を作る上で基本でありもちろん大切な事なのですが、妊娠初期に葉酸が推奨されているのは”胎児の神経管閉鎖障害を約70%防ぐ効果がある”という理由から。
この神経管閉鎖障害を防ぐ効果が認められているのは、実は天然葉酸ではなく合成葉酸の方なのです。

また、天然葉酸の吸収率は約50%ですが、合成葉酸の吸収率は約90%と高く確実に葉酸を摂る事が出来ます。
これらの理由から、ほとんどのサプリメントには合成(モノグルタミン酸型)葉酸が使われているのです。

サプリに使われている合成葉酸にも原料の違いがある

葉酸サプリには、吸収率が良く効果が期待できる事から合成(モノグルタミン酸型)葉酸が使われているというお話をさせて頂きました。
しかし、この合成葉酸にも、原料の違いがあります。

天然由来の合成葉酸

“天然由来の合成葉酸”と言うと何だかややこしく感じるかもしれませんが、野菜や果物などの食品から抽出した天然(ポリグルタミン酸型)葉酸を、吸収率の良いモノグルタミン酸型葉酸へと合成した物を言います。
天然の物が原料ですから安全性が高く、モノグルタミン酸型へと変換している為吸収率も良いのが特徴です。

しかし一方で、天然の物から抽出するにはコストがかかる為、サプリメントにした場合には価格が高くなってしまうというデメリットもあるでしょう。

化学物質から合成された葉酸

合成葉酸には、天然由来の他に石油などの化学物質が原料となっている物があります。
作る過程においてのコストが低い為、比較的安価なサプリメントに使われている事が多く、気軽に購入できるというのがメリットでしょう。
しかし石油などの原料は身体に蓄積されやすい性質がある為、臍の緒を通して赤ちゃんの身体へと移行されると分解しきれず体内に蓄積されてしまい、喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を引き起こす危険性がありますから妊娠中に飲むにはあまりオススメはできません。

安全に飲める葉酸サプリの見分け方

安全に飲める葉酸サプリの見分け方

基本的に葉酸サプリメントは安全性に配慮して作られている物が多いのですが、中には妊娠中に毎日飲むには少々危険な原料から作られている物もあります。
赤ちゃんの身体の基礎を作る大切な時期に摂る物ですから、注意して選びたいものです。

では、安全なサプリメントかどうかは、どの様に見分けたら良いのでしょうか?

使われている葉酸の原料の違い

サプリメントに使われる合成葉酸にも原料の違いがあり、石油系の原料から合成された葉酸は赤ちゃんが、アレルギー疾患などを引き起こす原因になるというお話をさせて頂きましたね。

そこで、妊活中や妊娠中にオススメなのは、安全性が高く吸収率の良い天然由来の合成葉酸です。
このタイプの葉酸が使われているサプリメントは、少々価格は高い物が多いかと思いますが、妊娠初期は赤ちゃんの一生がかかっていると言っても過言ではない脳や脊髄が作られる大切な時期。
やはり安全性を優先して選ぶ事をオススメします。

食品添加物の原料の違い

安全性を見極める上で、葉酸の原料の他に気をつけなければならないのが”食品添加物”です。

例えばサプリメントを錠剤に固める為に使われるデンプンなど、食品添加物の中にも天然の物が原料の安全性の高い物もありますから、添加物が使われているからと言って必ずしも身体に悪いという訳ではありません。
気を付けなければならないのは、着色料や保存料などの”化学的に合成された食品添加物”です。

サプリメントで無くとも、添加物の人体への影響はメディアでも多く取り上げられていますよね。
化学合成された食品添加物には石油系の原料から作られた物が多く体内に蓄積されやすい為、摂りすぎると身体に良くありません。
特に「ショ糖脂肪酸エステル」や「アセルスファムカリウム」などは摂りすぎるとお腹の赤ちゃんがダウン症などの染色体異常を引き起こす原因になりますから、最低でもこの2つの添加物が入っていないサプリメントを選びましょう。

副作用への配慮がされているかどうか

葉酸には1日に1000ug(マイクログラム)という上限摂取量があり、それを越えて摂取し続けた場合吐き気や不眠症状などの副作用を引き起こす事があります。

数ある葉酸サプリの中には、この上限摂取量の配慮がされておらず1日分に1000ugを越える葉酸が配合されている物もあるので注意が必要です。

良質な葉酸サプリは上限摂取量を越えないような配慮がされており、また1日の推奨量である400ugがしっかりと摂れる様な配合になっている物が沢山あります。
その様なサプリメントを選ぶと良いでしょう。

葉酸の過剰摂取による副作用についてはこちらで詳しくお伝えしています。
⇒「葉酸サプリに副作用はあるの?

まとめ

葉酸サプリに使われている葉酸は、吸収率の良い「モノグルタミン酸型葉酸」。
合成葉酸とも呼ばれるこのタイプの葉酸には、天然由来の物と化学合成された物があり、化学的に合成された葉酸は原料が石油など自然の物では無い為、身体に良いとは言えません。

また、食品添加物にも石油系の原料から作られている物があり、物によってはお腹の赤ちゃんが染色体異常を引き起こす原因にもなる為注意が必要です。

妊娠中に赤ちゃんの為に摂る場合、葉酸も食品添加物も”天然由来”の物がオススメでしょう。

【葉酸サプリの総合的なオススメ4選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  2. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  3. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  4. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。