妊娠中のカルシウム

妊娠中は、お腹の中で赤ちゃんの臓器や骨、身体を作る大切な期間。
妊娠中に必要な栄養素には様々な物があるのですが、中でもカルシウムは重要な栄養素です。

カルシウムと言えば、牛乳や小魚に多く含まれています。
ならば牛乳や小魚などの食品を多く食べていれば足りるのか、それともサプリメント等から摂るべきなのか、迷ってしまうママもいる事でしょう。

そこで今回は、妊娠中のカルシウムの摂取について詳しくお話したいと思います。

妊娠中のカルシウムの摂取はサプリがオススメ

カルシウムは、お腹の赤ちゃんの骨や歯を作る栄養素です。
牛乳、ヨーグルト、チーズ等の乳製品に多く含まれるイメージですが、干しエビ、にぼし、豆腐、納豆、小松菜など様々な食品に含まれています。

食品からカルシウム等の栄養素を摂る事は基本であり理想的ですが、妊娠中に至ってはサプリメント等でしっかりと補う事が重要です。

妊娠中に必要なカルシウム量は?

厚生労働省が推奨している1日のカルシウム摂取量は、成人男女で600mgです。
しかし、妊娠中はこの約1.5倍の量にあたる900mgとなっています。
900mgとは、牛乳で言えば約800ml以上に相当する量です。

ちなみに、カルシウムの上限摂取量は2300mgとなっておりいます。
これを越えて摂取し続けた場合には、過剰摂取による副作用が引き起こされる危険性もありますから、摂り過ぎにも注意しなくてはなりません。

妊娠中、吸収率が低いカルシウムはサプリで補おう

乳製品や魚介類、野菜など様々な食品に含まれているカルシウム。
しかし、実はその吸収率は約15~50%と決して高いとは言えません。
妊娠中のカルシウムの摂取にサプリメントを推奨するのは、この吸収率の悪さによって食品だけでは十分な量を摂る事が難しいからです。

妊娠中にカルシウムが不足するとどうなるの?

妊娠中にカルシウムが不足するとどうなる

妊娠中、カルシウムが不足すると、ママや赤ちゃんにはどのような影響が出るのでしょうか。

カルシウム不足のママへの影響

妊娠中にカルシウムが不足してしまうと、ママの身体に蓄えられていたカルシウムが赤ちゃんに優先的に送られるため、ママの歯や骨の密度が下がります。
“妊娠すると歯が弱くなる”と言われる理由はここにあるのでしょう。

また、カルシウム不足はイライラ、腰痛、肩こり、高血圧や、産後の情緒不安定などの原因にもなると言われているのです。
高血圧に関しては、重症化した場合には「妊娠高血圧症候群」へと繋がる場合もありますから、”たかがカルシウム不足”と侮れません。

カルシウム不足の赤ちゃんへの影響

母体にカルシウムが不足した場合、赤ちゃんには殆ど影響は無いと言われています。
それは先ほどもお話したように、ママの身体に蓄えられているカルシウムが赤ちゃんに優先的に送られるからです。
しかし、ママの身体に蓄えられた分のカルシウムも欠乏するほど著しく不足した場合には、赤ちゃんの骨や歯が弱くなってしまう可能性があります。 

カルシウムはお腹の赤ちゃんのためにも、ママのためにも日頃からしっかりと摂るべき栄養素なのです。

妊娠中に必要なのはカルシウムだけじゃない

妊娠中に必要なのはカルシウムだけじゃない

妊娠中に必要な栄養素はカルシウムだけではありません。
お腹の赤ちゃんの身体を作るには、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど様々な栄養素が必要です。

中でも、妊娠中に必要かつ不足しがちな栄養素として「葉酸」「鉄分」「カルシウム」が挙げられます。

葉酸は、DNAの形成を助け赤ちゃんの正常な発育に欠かせない栄養素。
そして鉄分は、赤ちゃんに栄養や酸素を運ぶ血液を作る働きをしています。

しかし、これらの栄養素も食品から摂取した場合の吸収率が悪く、サプリメント等によって補う事を厚生労働省も推奨しているのです。

妊娠中にオススメ葉酸・鉄分・カルシウムが取れるサプリ

妊娠中に不足しがちな3大栄養素とも言えるカルシウム、鉄分、葉酸。
これらの含まれるサプリメントは、数多く販売されています。

しかし、カルシウムと同様、葉酸や鉄分にも過剰摂取による副作用の危険性があるのです。
ですから、妊娠中に色々な種類のサプリメントを併用する事は、これら成分の重複の危険性がありオススメ出来ません。

妊娠中に安心して飲む事が出来るのが、妊婦さん向けに作られた葉酸サプリメントです。
葉酸サプリには鉄分やカルシウムがしっかりと配合されており、またそれらの栄養素の吸収を助ける成分も配合されています。

また、ビタミンCやB群などの妊娠中に必要なその他の栄養素もバランス良く配合されているのです。
そして、良質な葉酸サプリメントは、それぞれの栄養素の過剰摂取にも配慮されている為、副作用の心配もほとんどありません。

妊娠中のカルシウムのまとめ

妊娠中のカルシウムのまとめ

カルシウムはお腹の赤ちゃんの歯や骨を作る栄養素。
不足した場合には赤ちゃんはもちろん、特にママの身体に様々な不調として現れます。

食品に含まれるカルシウムの吸収率は低く、通常の約1.5倍の量を必要とする妊娠中は、足りない分をサプリメント等で補う事がオススメ。
妊娠中に不足しがちな栄養素と言えば「カルシウム」「鉄分」「葉酸」です。 
これらが効率的にバランス良く配合された、安全なサプリメントを選びましょう。

当サイトでは、カルシウム・鉄分がしっかりと配合され、過剰摂取にも配慮がされた安全な葉酸サプリメントについてご紹介しています。
是非参考にしてみて下さいね。

【葉酸サプリの総合的なオススメ5選】

当サイトでオススメしている葉酸サプリです。 実際に試して、安全に飲む事が出来るサプリを厳選しています。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸のランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を100%配合。小さめの粒で飲みやすく味や臭いもほとんどありません。鉄分・Ca・ミネラルなど妊娠中に必要な栄養素や嬉しい美容成分もバランス良く配合。ビタミンの過剰摂取に配慮された配合になっており、化学合成添加物も無添加で妊娠中に安心して飲めるサプリメントです。

  2. ララリパブリック

    ララリパブリックのランキング

    天然由来のモノグルタミン型葉酸を配合。妊娠中に必要な鉄分・Ca・ビタミンなどに加え8種の国産野菜パウダーによって食物繊維やポリフェノールも摂れます。さらにザクロやツバメの巣などの美容成分もたっぷりと配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。

  3. プレミン

    プレミンのランキング

    天然由来のモノグルタミン酸型葉酸。粒は小さめで飲みやすく配慮されています。葉酸の働きを助ける栄養素や、妊娠中に欠かせないCaや鉄分も配合。化学合成添加物は不使用ですから、妊娠中にも安心して飲めるサプリメントです。成分・安全性・コストパフォーマンスにおいて、とてもバランスの良いサプリでしょう。

  4. はぐくみ葉酸

    はぐくみ葉酸のランキング

    オーガニックレモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸を配合。小さめの粒は飲みやすく、味や臭いも気になりません。化学合成添加物は無添加。妊娠中に必要な栄養素など、15種類のビタミン・ミネラルをたっぷり配合。その全てが天然由来です。栄養士による食事についてのサポートが受けられる特典があります。

  5. AFCの葉酸サプリ

    AFCの葉酸サプリのランキング

    天然酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合。粒は小さめで飲みやすく、味や臭いもほとんどありません。妊娠中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどの8種の栄養素を配合。微量の添加物は使われていますが、人体に影響の無い安全な物だけを使用しています。コストパフォーマンスで選ぶならコレです。